ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

妊娠中はトイレが「近い」どころでは無い!不覚にも〇〇をしてしまった私

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170312110701j:plain

26歳での初めての出産、思いがけないことが起こりました。

トイレが近いとは思っていたけれど、まさか妊娠で「おねしょ」をするなんて…。

こんな経験はなかなかないと思いつつも、皆が話したがらないだけで、意外とあるのかもしれません。同じような方に、自分だけじゃないんだと思ってもらえたらと、私の体験を赤裸々にお話したいと思います。

妊娠中はいろいろなトラブルがあると先輩から聞いたり、産婦人科の母親学級で習ったので少しは知識がありました。

私自身、妊娠して3ヶ月、4ヶ月の頃はどちらかというとお腹が緩くて困っていました。便秘体質ではありませんでしたが、緩いとか下しやすいタイプでもなかったので妊娠によって体調に変化があるんだなぁと思っていました。

その後、妊娠5ヶ月、6ヶ月の頃には「便秘」がスタート。これが下しやすいよりもやっかいで、その時には産婦人科でお薬を出してもらいました。 関連記事:人生初めての便秘!!

そして、少しずつお腹も大きくなり、子宮が圧迫され、これでもか!またか!というくらい、頻繁にお手洗いに行くようになりました。本当によく行くので主人は「また行くの?」みたいな、不思議そうな表情をしていました。

「お手洗いが近いなぁ」と感じてはいたのですが、9ヶ月頃の夜、ふと目が覚めると何だかパジャマのズボンが濡れている感じがしたのです!

「え?!なにこれ!?破水?」と慌てふためき主人を起こそうとしました。

でも、予備知識の中に「破水は無色・無臭である」ということがあったのですが、「…これは明らかに尿の臭いだ」とすぐに冷静になったのです。26歳にもなって「おねしょ」だなんて!!!

恥ずかしくて、主人を起こそうとした手をサッと引っ込め、一人でお風呂場へ向かう私でした。 関連記事:「もしかして破水?」尿漏れのような感覚。気付きにくかった「高位破水」からの出産

本当に衝撃的でショックな出来事でしたから、夕食の時には水分をとりすぎないようにし、寝る前には必ず2回(お手洗いが近いので1回ではなくて)トイレに行っておくなど、おねしょをしないようにとても気をつけました。

それでも、その後も1、2回あったので、あまりにも落ち込んで主人にも少し話をしました。

主人は驚いてはいましたが「妊娠中の身体の変化だし、しょうがないよ」と慰めてくれました。1人で「なんでこんな歳になって~。最悪…」と、悶々としていたので、主人の言葉はとても有難かったです。

別に何が悪いわけでもない、大切な赤ちゃんが身体にいる、身体にとってとてもとても大きな変化だから、しょうがないんだと受け止めることが出来ました。

それからおねしょをすることはありませんでしたが、マタニティマークのついた、軽度用の尿漏れパッドを念のためあてて過ごす夜でした。

私の初めての出産は自宅での破水から始まったのですが、その少量しか出なかった破水の初期に気づけたのは、水分を吸ったとわかるこの尿漏れパッドのお陰だったので、これはこれでラッキーだったのかななんて思っています。

f:id:akasuguope01:20170312102740j:plain

著者:yuuuut!!

年齢:29歳

子どもの年齢:3歳5ヶ月、4ヶ月

チョコレートとコーヒーとパン依存症の専業主婦です。マイペース長男と、穏やかな長女、ゲーマー冷静主人の4人家族。もう少し娘が大きくなったら、温泉旅行でも行きたいな~なんて夢を膨らませています。パンを焼いたり、お菓子を作ったりするママに憧れを抱いています。自分がそうなるのは、もう少し先のお話になりそうです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

じりじりとした痛みになんだか出べそになってきた?3度目の妊娠で「臍ヘルニア」に
ひどい偏頭痛。妊娠中、薬を使わず痛みを和らげる方法を見つけた!
栄養バランスの崩れ?妊娠中の口内炎が痛すぎてご飯が食べられない

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。