ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

クラプトンが4歳で亡くなった息子に捧げた名曲

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

クラプトンが4歳で亡くなった息子に捧げた名曲
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「azabu tailor A SONG FOR YOU」。リスナーの皆さんからいただいたメッセージにピッタリな一曲を、歌詞に注目してセレクトしています。

9月15日(金)のオンエアでは、飼っていた愛犬の死と向き合おうとしている女性からのメールを紹介しました。

「愛犬のゴールデンレトリーバーのルークが、まだ6歳という若さで天国に旅立ちました。これからもまだ一緒にいられると思っていたのに、残念でなりません。でも、いつまでも悲しんでいてはルークも気になって天国で暮らせないと思うので、これから少しずつ前に進んでいけるように…選曲をお願いします」

「悲しさを日々思い出しながら暮らしていると思いますが…前に進もうという気持ち、いいですね」と語りかけるカビラ。リスナーのために選んだのはエリック・クラプトンの「Tears in Heaven」でした。

クラプトンが1992年にリリースしたこの曲は、息子コナー君に捧げたものです。4歳だったコナー君は高層ビルからの転落事故で短い人生を終えました。

歌い出しの歌詞の意味は、「天国で会った時、ぼくの名前を覚えてくれているかな?」。

この曲は、その時まで頑張る…というクラプトンの思いを綴った曲です。「扉の向こう側には、平安があるに違いない」「その後はもう天国に涙なんてないのさ」といった、前向きな歌詞が続きます。クラプトンは、この曲を歌うことで息子の死の悲しみを乗り越えて音楽活動を再開したと言われています。さらに歌詞の中には「僕は強くなきゃ。そして前を向いて進まなきゃ」というフレーズもあります。

リスナーの女性の「愛犬の死の悲しみを乗り越え前を向く」そんな思いに寄り添う一曲になれば…そう願いたくなる選曲でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」

放送日時:毎週金曜 6時−11時30分

オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。