ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドリカム中村「忘れもしない」1995年に起きたこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ドリカム中村「忘れもしない」1995年に起きたこと
J-WAVEで放送中の番組「GROOVE LINE Z」(ナビゲーター:ピストン西沢)。9月14日(木)のオンエアでは、ゲストにDREAMS COME TRUEの中村正人さんをお迎えしました。

ニューアルバム「THE DREAM QUEST」を10月10日(火)にリリースするDREAMS COME TRUE。「最初に『アルバムのタイトルどうしようか?』と言った時に吉田の中に、“クエスト”って浮かんできたんですって」と中村さんは話していました。

「やっぱり、音楽はやってもやってもどこかで“スキッ”とこないというか、まだまだやらなきゃいけないことがあるというか、旅の途中という気がして“クエスト”」(中村さん、以下同)

中村さんもとても気に入り、決まったのだとか。「今は制作プロデューサーは吉田さん。実質は。僕はビジネスマネージャー(笑)」と中村さん。吉田さんは毎日ものすごくたくさんの音楽を聴いているそうで、「彼女は音楽というものに真剣に取り組まれている」と中村さんは言います(笑)。

西沢:吉田さんはあまり表に出てこないけど、どういう生活されてるんですか?
中村:えっと、多分キッチンでご飯を作りながら、曲の詞が降りてくるのを待ちながら、“ドリクエ”と言いながら、マリオをやってると思いますね(笑)。
西沢:“音楽仙人”ですね。普通の生活でありそうながら、音楽に24時間、可能なところは全部捧げているという。
中村:そういう意味では本当にそうかもしれない。
西沢:鼻歌歌うんですかね?
中村:たぶん歌われるでしょうね。
西沢:上手いんでしょうね。

と、なぜか吉田さんの生活を想像する2人(笑)。

西沢:そこに、商業的な欲はあまりない人なんですか?
中村:まったくないですね。もう28年…29年になりますけど、ないですね。
西沢:そこを商業的にまとめるのが、中村さんの大きな仕事だと思われてるんですよね?
中村:そうですね。それで食べさせてもらってるというか(笑)。

お互いになくてはならない存在なのですね! しかし、吉田さんは中村さん以外とも仕事をしたいと言ったこともあったそう。

「忘れもしない1995年(笑)。『やっぱり他の方とやってみたい』と。それまでは僕がどっちかっていうと音楽的に先輩で、僕の言う通りにやってきたところがあり、一つの結果を見ると、『ちょっと自分を試したくなる』っていうことで…」

実際に他のプロデューサーを当たったりもされたそうなのですが、レーベルとの契約などの問題でダメになってしまい、再び中村さんのところに戻ってきたとのこと。一方、中村さんも若い頃は他のアーティストをプロデュースしたそうなのですが、思うような結果が出せなかったそうです。長くやっているとそういうこともあるのですね。

今回は、新作「THE DREAM QUEST」、通称“ドリクエ”についてはもちろん、西沢との雑談もかなり盛り上がったオンエアとなりました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GROOVE LINE Z」
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。