体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新潟で鶏白湯スープの一杯を食べるならこのお店「ゴチソウラーメン 雷電」

f:id:bbhotstp:20170902222739j:plain

新潟の鶏白湯スープの定番

今回ご紹介するお店は、新潟県加茂市にある名店です。

f:id:bbhotstp:20170902222702j:plain

お店の名前は「ゴチソウラーメン 雷電」。

今では一般的にも高い知名度と人気を誇るようになった「鶏白湯」スープのラーメン。

こちらは、新潟でまだ「鶏白湯」が知られていなかった頃、いち早くおいしい濃厚鶏スープの一杯を提供し、広く知られるようになったお店です。

のれんがどういうラーメンなのかを感じさせてくれます。

f:id:bbhotstp:20170902222721j:plain

「チキン魂」ののれん。

定番の人気商品がこちら。

f:id:bbhotstp:20170902222739j:plain

▲極上鶏白湯・醤油らーめん (864円)

濃厚なスープを一口飲んでみると……

f:id:bbhotstp:20170902222821j:plain

トロ~りとしたスープは絶品です!!

濃厚な鶏のうま味、動物系コラーゲンによるトロみ、そしてそこに加わる深みのある醤油風味やガツンとくるうま味!

豊潤なうま味が口の中を駆け巡ります!!

f:id:bbhotstp:20170902222752j:plain

麺はそうしたうま味満点のスープがガッツリと絡む、低加水のストレート細麺です。

パツンパツンの食感の麺は濃厚鶏スープとの相性抜群です。

至極ともいえるおいしさの一杯でした!

おいしさの基本となるスープと麺

取材時、うま味を詰め込んだスープは、仕込みを終え冷蔵保存されていました。

f:id:bbhotstp:20170902222838j:plain

「濃厚なスープ」

というと、長時間ガンガン煮込むものをイメージされる方も多いかと思いますが、長い時間スープを炊き続けると劣化・酸化が始ります。

こちらのお店のスープは、素材のうま味を取り切りつつも、酸化を抑えた煮込み時間のベストなポイント、そして、絶妙な素材分量の配分がおいしさの決め手となっています。

麺は3種類を用意しています。

f:id:bbhotstp:20170902222852j:plain

鶏白湯醤油に使われていた低加水細麺。

f:id:bbhotstp:20170902222924j:plain

多加水の細麺、太麺も用意しています。

「鶏白湯」・塩、味噌もおすすめ!

過去に訪問した際に食べた品もご紹介したいと思います。

f:id:bbhotstp:20170902222937j:plain

▲極上鶏白湯・塩らーめん

深みのあるうま味の醤油とまた違い、鶏のうま味をストレートに感じられる一杯です。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。