体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】1本 3,000円クラスの高級カステラをラスクにしてみた結果

f:id:Meshi2_IB:20170729132701j:plain

皆さん、ラスクって自宅でも簡単に作れちゃうって知ってますか?

なんと、パンを薄く切ってオーブンかトースターで焼けば出来上がりという手軽さ。その素材は超安いバケットでOK。

しかも、時間が経って少しカスカスになったものでも使えちゃう。

さらに、これがまたおいしいわけですよ!

でも、もはやそのまま食べるのははばかられるようなパンでも十分おいしいってことは……素材が高級であれば、もっともっとおいしいってことですよね!?

あえて高級な素材を使って作るラスク……ぜいたくの極み!

でもどうせなら、それくらいの心意気でラスクに挑むのが“漢(おとこ)”ってもんでしょう、皆さん! というわけで今回、未だかつてない高級素材で、ラスクを作ってみようと思います。

とりあえず、普通のラスクを作ってみよう

f:id:Meshi2_IB:20170729132529j:plain

とにもかくにも、超安価な素材で超簡単にラスクを作ってみようと思います。

材料は、自宅に2日前からあった、スーパーで購入した1本 100円のバケット。

これを幅1cmほどに切り分けます。

f:id:Meshi2_IB:20170729132536j:plain

トースターで1分程度、軽く焼きます。

焦げ目がつかないように気を付けて、様子見をしておきましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170729132542j:plain

そして、500Wのレンジで2分ほど温めて溶かしたバター(120g)を用意。

f:id:Meshi2_IB:20170729132549j:plain

これに、トースターから一旦取り出したバケットを浸して……

f:id:Meshi2_IB:20170729132556j:plain

グラニュー糖をお好みの量で振りかけます。

私は悪魔的に相性がぴったりなバター&砂糖のタッグのとりこなので、た~っぷりと。

f:id:Meshi2_IB:20170729132602j:plain

これを再びトースターに入れ、2分ほど焼きます。

じゅわじゅわとバターが躍り出し、グラニュー糖をコーティングし始める……。

この様子、眺めているだけで興奮しますね!

f:id:Meshi2_IB:20170729132610j:plain

トースターから出して、パンを冷ましたら出来上がり!

ね。簡単でしょう?

要はラスクって、パンの水分を飛ばせば出来るものなんです。

分量とかも、深く考えずに焼いてしまっても、そんなに問題ありません。

f:id:Meshi2_IB:20170729132615j:plain

味の方は、というと……

うん。美味です。

カリッとした食感に加え、バターと砂糖のジュワッとくる風味と甘みが素晴らしい! というか、余りもののパンがここまでおいしくなるとか、ラスクを考えた人、偉すぎですね!

ちなみに、パンの種類も実はなんでもよく、食パンからベーグル、メロンパンなんかもラスクにできます。

さらに言えば、シフォンケーキやバウムクーヘンなどのケーキも可能。

ケーキ系はもともと甘いので、特に味を加えず焼くだけで大丈夫です。

1本 3,240円のカステラからラスクを作る

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。