体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人格者ではない人もいる」高校野球監督の実態

「人格者ではない人もいる」高校野球監督の実態

出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!

 記念すべき50回目の今回は、講談社「ヤングマガジン」で、『砂の栄冠』を連載中の三田紀房さんが登場してくれました。

 『砂の栄冠』は、高校野球の爽やかなイメージの裏側に隠された本当の姿に焦点を当て、そのイメージを利用しながらしたたかに甲子園を目指すという、これまでにはなかった野球漫画。

 今回は三田さんが本作の取材で知った高校野球の裏側や、『砂の栄冠』の今後など、気になるテーマについてたっぷりお話を伺いました。

野球ファン、野球漫画ファン、必見のインタビューです。

■高校野球の監督に人格者が少ない理由

―今回は、三田さんが現在、講談社「ヤングマガジン」で連載している『砂の栄冠』についてお話を伺えればと思います。この作品は「そこそこの成績を残せればいい」と思っていた高校野球のキャプテンが、支援者から1000万円という現金を託されたことで、本気で甲子園を目指すというストーリーです。まず、この「1000万円」のアイデアがどこから来たのかというのを教えていただけますか?

三田「2007年の夏の甲子園で佐賀北高校が全国優勝したのですが、その時期に読んだスポーツ新聞のベタ記事に、佐賀北高校のグラウンドに毎日来るおじさんの話が載っていたんです。そのおじさんは、毎日練習を見に来てはバックネット裏で“ヘタクソ”とか文句ばっかり言っているんですけど、ある日“今年のチームは甲子園なんて行けない。もし本当に甲子園に出られたら、おまえらに100万円やる”って言ったらしいんですよ。

それで、よしがんばろうとなって甲子園出場を決めたんですけど、その翌日からぱったりそのおじさんが来なくなった (笑) “なんだあのオヤジ、嘘ついたな”とみんな言っていたんですけど、甲子園が始まって勝ち進んでもあいかわらず姿を見せなかったらしいんです。あれだけ毎日グラウンドに来ていたのに甲子園のアルプススタンドに来ない。それでキャプテンの子が、“お金よこせとは言わないから甲子園に応援にきてよ”と。そういう記事でした。それを読んだ時に、いい話だなと思って、連載とはいわなくても何らかの形で書けないかな、というのはずっと頭の中にあったんですよ。

そして、高校野球の連載やることになって、作品の中の大きな柱をどうするか考えていた時に、そのエピソードを思い出したんです。『砂の栄冠』では、毎日グラウンドに来るおじいさんが、これを甲子園に行くために使ってくれと現金を渡すんですけど、そのアイデアの元は佐賀北高校のエピソードですね」

―1000万円というのはちょうどいい金額ですよね。今の高校野球だと、チームの強化費用として100万円では足りませんし、かといって1億円にすると現実味が薄くなります。

三田「そうですね。この作品では、お金を隠すためにグラウンドに穴を掘って埋めるんですけど、たとえば3000万円だとかなりかさばるから、相当大きな穴を掘らないといけません。そういう大きさの事情と、高校生が1年かけて使いきれる金額というバランスを考えると1000万円くらいがいいかなと思いました」

―作品にリアリティを出すためにどのようなことをされましたか?球場の雰囲気や高校野球関係者の会話など細部にわたってすごくリアルだなと思いました。

三田「高校野球の話であるからには、学校の雰囲気は大事だなと思いました。

『砂の栄冠』の樫野高校のモデルは群馬県の高崎高校なんですけど、知り合い伝てに問い合わせたら、野球部の監督さんがこころよく取材を引き受けてくださって、カメラマンと一緒に行って、写真を撮らせていただきました。

それと、学校についてはロケーションも重要です。校舎の隣がグラウンドで、奥でサッカー部が練習していてっていうのは、我々が持っていた高校のイメージと同じでした。

古い進学校ってだいたい町の中心にあるんですよ。たとえば城下町だったりすると、お城を潰してそこに地域で一番の進学校を作った。だから、公立の進学校は校舎の面積が広いところが多いですし、総じて環境がいいんです。高崎高校や樫野高校のような雰囲気の学校は全国にあるという感覚があります」

―球場に試合を見に来るファンやプロ野球のスカウトなど、高校野球の当事者ではないキャラクターも作品にリアリティを与えているように思います。甲子園を視察していたスカウトが、ファールフライの高さで高校生のバットスイングの速さを確認していたり。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。