ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

左足首のカサカサした乾燥肌。保湿剤とステロイド剤を使ってみると…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170224001646j:plain

子供はありがたいことに、健康体で生まれてきてくれました。

しかし、私にはひとつだけ気になることがありました。

それは左足首のカサカサした乾燥肌でした。

でも看護師さんに聞いても旦那に言っても、みんな「気にしなくていいんじゃない」と楽観的な返答でした。

気にはなっていたものの、周りの反応もそういう感じだったので、特に対処するわけでもなく数ヶ月過ごしました。

汗をかく季節になった頃、子供は5ヶ月でした。

ふとお風呂上りに身体を拭いていると、左足首の乾燥がひどくなっているように感じました。それでも、見た目では何の問題もなかったので、何もしませんでした。

そして数日間子供の様子をよく見てみると、無意識のうちに掻いていることが多くなってきたことに気が付きました。やはり乾燥で痒いんだ、とようやく気付いてあげることができました。 関連記事:赤ちゃんの肌は何をしなくてもつるすべなのかと思ってた。敏感肌には丁寧なケアを!

まず行ったのは薬局。赤ちゃん用の保湿剤を購入しました。お風呂上りにしっかり塗って、よしこれで大丈夫!と思っていました。しかし、効果はなく反対に乾燥の程度は強くなっていきました。もしかしたら保湿剤が合っていないのかもしれないと思い、違うタイプのものを試しました。

しかし、やはり症状はひどくなるばかりでした。ちょっと焦ってきた私はインターネットで調べたり、昔ながらの薬を試してみたり、様々な方法を試しましたが、残念ながらどれも効果は得られませんでした。

そこで母の勧めもあり、皮膚科に行ってみることにしました。そこで診断されたのはドライスキンでした。

処方された薬は保湿剤とステロイド剤の2種類でした。

ステロイド剤の使用は個人的に抵抗があったので、保湿剤だけ多めに塗ってみることにしました。しかし、肌の状態はどんどん酷くなり、掻きむしってしまった結果、ついには血が滲み始めてしまったのです。

そんな状態の子供を見て、可哀そうでなりませんでした。今思うとステロイド剤を使用して、早く治してあげたほうがよかったのかもしれませんが、当時の私は頑なに使用を拒んでいました。

次に、小児科に行き、診てもらいましたがやはり診断は同じで、薬は保湿剤とステロイド剤でした。

それからも治るどころか、日々出血の範囲は広がっていくように思いました。

そしてようやく、勇気を出してステロイド剤を使用してみることにしたのです。

すると、どんどん治ってきました。きれいになっていく肌を見ると、安堵感もあり、何より子供の笑顔が見れたのがうれしかったです。

やはりドクターの言うことをしっかり聞いておけば、子供も痒みでストレスを感じずに済んだのかもしれないと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。 関連記事:なかなか治らない乳児湿疹。薬を塗ること以外に私がやってみたこととは…

f:id:akasuguope01:20170223233005j:plain

著者:りのこん

年齢:36歳

子どもの年齢:3歳、1歳

こんにちは。 家族大好き、仕事大好き、海が大好きな主婦です。旦那のまさかの転勤により自宅から700キロ離れた土地へお引越ししました。 住めば都というのは本当か?!見知らぬ土地で楽しく過ごそうと、日々子供たちと奮闘しています。 ポジティブで基本的に人を疑わないので、よく損をしています(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんの肌は何をしなくてもつるすべなのかと思ってた。敏感肌には丁寧なケアを!
1ヵ月検診に我が子だけぶつぶつで腫れた顔。ひどい乳児湿疹が完治するまで
アトピー児のケアをしんどいと感じる自分は未熟者?医師の言葉に涙腺決壊 by うだひろえ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。