ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「旅心」に火がついてしまう危険なアプリ。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「旅心」に火がついてしまう危険なアプリ。

海外を旅すると、世界中の旅人と話をすることができる。

その場所に行かなければ決して会うこともなかった人たち。彼らと言葉を交わすのは運命的であり、旅の醍醐味の1つでもある。旅人同士の話は尽きないが、やはり、もっとも盛り上がるトピックはこれまでに訪れたことがある国や都市についてだろう。

そんな時、僕はいつも「自分が訪れた場所を一目で分かるツールがあればなぁ」と感じていた。それを見ながらだったら、お互いに、もっとディープな情報交換ができるじゃないかって。

訪れた場所をピンすれば
自分だけの世界地図に

「旅心」に火がついてしまう危険なアプリ。

そこで出会ったのがLIFEPINNER。

使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるということ。これが、じつに愉しいのだ。「旅心」に火がついてしまう危険なアプリ。

また、それぞれの場所の写真やコメント、評価などが残せるようになっている。これもオリジナル性が高くなるポイント。さらに、こうして出来上がった自分だけの世界地図をSNSでシェアすることもできるのだ。「旅心」に火がついてしまう危険なアプリ。

これまでに訪れた場所だけではなく、これから訪れたい国や都市も登録することができる。すると、特別な情報も入手できるとのこと。 「旅心」に火がついてしまう危険なアプリ。

「Journeyraphic」という訪れた大陸や国や都市数、最も多く訪れた場所、総距離などのデータを元にインフォグラフィック化してくれるのもいい。自分のこれまでの旅を客観視することで、次の旅先を決めるヒントにもなるはず。何とも、旅心に火がついてしまう危険なアプリだ。

まだ日本語対応をしていないので、まずは、使いながら覚えていくのがオススメだろう。ダウンロードはApp StoreかGoogle Playで。詳しくは、こちらまで。Licensed material used with permission by TRIPDIGI

関連記事リンク(外部サイト)

海外旅行でも大活躍!Wi-Fiナシで「地図」が見れるアプリ
トラベルライターがおすすめ。小さいけど意外に役立つ「旅行のヒント」45選
知らないと後悔する、「デビットカード」を海外旅行に持って行くべき5つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。