ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

6つのポートの充電器に目覚まし時計機能を兼ね備えた「Kurrent」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
現代人の生活とは「いつ充電を行うか」について考えることに等しい。

モバイル機器を充電する上で絶好の時間は、深夜である。持ち主の睡眠時に電力を回復させ、翌朝にバッテリーが100%になっているのが望ましい。

もし充電を忘れてしまったら最後、その日1日に大きな支障が出てしまう。我々は常に、充電のタイミングを図りながら生活しているのだ。

・6つの機器を同時充電

クラウドファンディング「Indiegogo」に登場した「Kurrent」という製品に注目だ。

一見ありふれたデザインのデジタル目覚まし時計だが、そのボディーに各種電源ツールを兼ね備えているのが特徴だ。コンセント差込口、ふたつのUSBポート、マイクロUSBとLightningの両規格ケーブル。

そしてこれはオプションだが、ワイヤレス充電デバイス「Qi Pad」も用意されている。

これをフル活用すれば、同時に6つの機器を充電できるというわけだ。ありそうでなかった目覚まし時計である。

もちろん、AppleのMFi認証も取得している。そしてキャンペーンページでは、先ごろ発表された新型iPhoneのワイヤレス充電についても触れている。こちらも問題はなさそうである。

・フル機能版は115ドルから

値段を見てみよう。Indiegogoでは1台85ドル(約9400円)からの投資枠が用意されているが、これは先述のQi Padが付属されていない場合。ワイヤレス充電を求めるなら、115ドル(約1万2600円)の枠に申し込む必要がある。

非常に実用性の高いこの製品だが、日本への配送は別途35ドル(約3900円)が加算されるので注意が必要だ。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。