体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全国】満天の星が見られるスポット29選★綺麗な星空は感動必至!

【全国】満天の星が見られるスポット29選★綺麗な星空は感動必至! 星空

都会は夜も明るく、星空はプラネタリウムで観る方も多いのではないでしょうか。

でも、日本国内にも天体鑑賞におすすめの星空スポットが、実はいっぱいあるんです!

空気が澄んでくるこれからの季節は、星が綺麗に観えスターウォッチングにもぴったり☆

さっそく、感動必至の美しい星空を観に行ってみてはいかがでしょうか?

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群 【北海道】

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群出典:じゃらん 観光ガイド 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

旧国鉄士幌線のアーチ橋が大小あわせて約60保存されています。中でも糠平湖にかかるタウシュベツ川橋梁は、湖の水位により見られなくなることもあることから幻のめがね橋とも呼ばれており、風貌はローマの水道橋を思わせる風格があります。

\口コミ ピックアップ/

ガイド付きツアーに参加して間近で堪能することができました。ガイドさんの丁寧で興味深いお話を聞きなからノスタルジックな大迫力のアーチ橋を下から見上げて周りの景色を見渡すと、タイムスリップしたような不思議な感覚を味わうことができました。

この次はまたちがう季節のアーチ橋を観に訪れたいです。

(行った時期:2017年7月14日) 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

住所/北海道河東郡上士幌町字黒石平

「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の詳細はこちら

然別湖 【北海道】

然別湖出典:じゃらん 観光ガイド 然別湖然別湖出典:じゃらん 観光ガイド 然別湖

大雪山国立公園唯一の自然湖,湖の周囲は天望山,白雲山などの小火山に囲まれ,その一帯には,ナナカマド,タケカンバの混生したエゾマツなど針葉樹林が広がっている。

\口コミ ピックアップ/

とても静かな湖です。

温泉に泊まりましたが、真夜中の星空と、唇山から昇る朝日がとても綺麗でした。

金運スポットともいわれているようです。

行く途中にある、白樺の峠も不思議な雰囲気でした。

(行った時期:2016年10月) 然別湖

住所/北海道河東郡鹿追町・上土幌町

「然別湖」の詳細はこちら

銀河の森天文台 【北海道】

銀河の森天文台出典:じゃらん 観光ガイド 銀河の森天文台

口径115cm反射望遠鏡、口径30cm反射望遠鏡2基、口径25cm反射望遠鏡、口径15cm屈折望遠鏡、4連太陽望遠鏡、人工オーロラ発生装置、映像コーナー総合観測室、デジタルプラネタリウム。記念グッズも販売している。「星空の街」陸別町で、星空を旅してみませんか。

\口コミ ピックアップ/

天気に恵まれたので、満天の星空を見ることができました。

手が届くぐらいの位置に星が見え、とても綺麗に輝いていました。

(行った時期:2016年12月)

ファンタジーたっぷりなスポットです。わたしはお友達と寄りましたがカップルやお子様連れの方にオススメだと思いました。

(行った時期:2016年10月) 銀河の森天文台

住所/北海道足寄郡陸別町宇遠別

「銀河の森天文台」の詳細はこちら

鹿角平天文台 【福島県】

鹿角平天文台出典:じゃらん 観光ガイド 鹿角平天文台

標高700mの高原で360度のパノラマから天体観測ができる。また専門機関により天体観測に優れた場所ランキング第3位に認定されたこともある。

原則5名以上で、1週間前までに予約をすれば、地元の天文愛好会のインストラクターの案内で、星空解説を楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

阿武隈山系に広がる鹿角平にある天文台。周囲に明かりが少ないため肉眼での天体観測にも適した場所です。観光牧場もあるため1日を通して楽しめますよ。

(行った時期:2016年7月) 鹿角平天文台

住所/福島県東白川郡鮫川村大字青生野字世々麦地内

「鹿角平天文台」の詳細はこちら

竹ネイチャーアカデミー 【東京都】

竹ネイチャーアカデミー出典:じゃらん 観光ガイド 竹ネイチャーアカデミー

竹ネイチャーアカデミーでは、自然あふれる小笠原の旅をフルサポートいたします。

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。