ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Escape Issue : Silent Sound at SF Art Book Fair

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
silentsound_top

アートブックを眺めていると時間が経つのがあっという間。写真、グラフィック、ペイント、様々な表現方法で埋め尽くされた紙面は、私たちを脳内トリップに導いてくれる。良質なアートブックの作り手たちはどんなことを考えてモノづくりしているのだろう。そして彼ら自身はどんな作品をセレクトして購入しているのだろう。良質なブックが集まることで知られるサンフランシスコアートブックフェアに参加した東京の出版レーベル「commune」が、アートブックフェアへの参加方法などを含めたフェアのレポート、参加しているパブリッシャーたちへのインタビューを行ってくれた。第四回目は、写真家Coley BronwによるレーベルSilent Soundを紹介する。

– あなたが運営するパブリッシャーについて教えてください。

僕が運営している出版レーベルはSilent Soundという名前で、2014年にニューヨークからロサンジェルスに引っ越した直後に始めました。僕は写真家として活動しているので、写真集を作るということは創造プロセスとして自然と不可欠なものとなりました。ロサンジェルスに引っ越した時は新しいものを作り出すという僕の人生にとってのターニングポイントで、写真集を出版しようと決めたんです。初めの頃は僕の写真の写真集、その後は僕と強い繋がりのあるアーティスト達の写真集を出版しています。

– なぜArt Book Fairに参加するのですか?

Silent Soundとして、これまでNYとLAのアートブックフェアに何回か参加し、そしてカナダのバンクーバーのアートブックフェアにも参加しました。今回、僕にとってあまり馴染みのなかったサンフランシスコのブックフェアに参加できたことはとてもエキサイティングだったし、このエリアには才能のあるアーティストが沢山住んでいて、彼らと繋がりが持てたことはとても嬉しかったです。来年も是非このブックフェア参加したいと思っています。

– SFABF17で新しくリリースしたものはありますか?

今回のSF Art Book Fairでのリリースはないのですが、昨秋にハードカバーブックを3冊リリースしたんです。Jim Manganの”Time of Nothing”、 Olaf Breuningの初期の写真を集めたセルフタイトル本、それと僕の“Deeper Than Night”という3冊です。Jim Manganの“Time of Nothing”はユタのグレートソルクレイク上を飛ぶ小さな飛行機の窓から撮ったシュールな空中写真を収めたものです。僕たちが存在する土地に存在するありのままの自然の美しさと人為的な影響を目の当たりにするのはとてもパワフルなことでした。Olaf Breuningの本は、90年代後半から2000年中期までの彼の初期の写真を集め、そこに写されたダークな別世界に住む様々な架空のキャラクター達のグループに主に焦点を当てました。

– SFABF17でお気に入りだったブースは?

Houseboat Press、New Documents、Pau Wau Publications

– SFABF17で何かジンやブックを購入しましたか?

Houseboat Pressが出版したEric Rubyの“Kamper Sweet Kamper”は衝撃的でした。
18ヶ月のカレンダーと見せかけたラージスケールでとても美しい写真集でした。カレンダーなんだけど、最近見た中で一番エキサイティングな写真集でした。全てのイメージは縁なし印刷で、見開き2ページに渡って印刷されていて、らせん綴じでとてもシンプルだけど、イメージはフラットでとても大きなものとなっているんです。 サンフランシスコ郊外の田園地帯に停めてある古いキャンパートレイラーという、とてもチャーミングなEric Rubyの家での一部始終を捉えたイメージ記録ですね。

SilentSound_購入品_EricRuby_01 SilentSound_購入品_EricRuby_02

– 次のプランは何ですか?

PS1でのNYアートブックフェアに参加します。その後、TABFにも参加する予定です!

Silent Sound :http://www.silentsound.us/

text by commune

– Please introduce your publisher.

My press is called Silent Sound it was created in late 2014 right after I moved to Los Angeles from New York. As a photographer myself, making photobooks has become integral to my creative process. When I arrived in Los Angeles it was a turning point in my life to create something new, and I decided to start producing my own photo books, initially with my own work, and later with other artist who’s work I strongly connect with.

– Why do you participate in Art Book Fairs?

Now with Silent Sound I have participated in the New York and Los Angeles art book fairs several times, as well as the art book fair in Vancouver Canada – but it was really exciting to be able to expand to the SF art book fair this year, as the city is still really foreign to me but there are so many incredibly talented people in that area, I’m really excited to start connecting with them and hope to come back next year as well.

– What is your newest titles?

In the fall I released three new hardcover books, which were likely my most ambitious book projects so far. These included Jim Mangan’s Time of Nothing, Olaf Breuning’s self titled book of his earlier photographs, and my latest series called Deeper Than Night . Jim Mangan’s book Time of Nothing is a collection of surreal aerial photographs taken from the window of a small plane flying above the great salt lake in Utah. It’s a powerful look at nature’s raw beauty as well as mankind’s effect left on the land we inhabit. In Olaf Breuning’s book, we go back into archives of his early photographic works from the late 90’s to mid 2000’s, mostly focusing on his “groups” of various fictitious characters from some kind of darker, alternate universe. Lastly, the latest book of my own work, Deeper Than Night.

– Tables you like at SF Art Book Fair 2017 ?

Houseboat Press, New Documents, Pau Wau Publications

– Did you get any zines/books at SFABF17?

Eric Ruby’s Kamper Sweet Kamper by Houseboat Press really blew me away. It’s this large scale, gorgeous photo book under the guise of being an 18 month calendar. It’s indeed a calendar, in a way, but it’s one of the most exciting books I’ve seen in a while. All the images are full bleed, double page spreads and it’s simply put together with spiral binding, so it lays flat into one large image. Eric Ruby’s images
document the ins and outs of life in his incredibly charming home, an old camper trailer (Kamper Sweet Kamper) parked in rural land outside of San Francisco.

– What is your next plan?

Next I’ll be participating at the NY Art Book Fair at PS1 this fall, and hopefully in Tokyo after that!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。