ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コムアイ「これからももっと見たい」と思う役者の特徴

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

コムアイ「これからももっと見たい」と思う役者の特徴
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜担当ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。9月13日(水)のオンエアでは、コムアイが出演しているドラマ「わにとかげぎす」(TBSテレビ)で共演している俳優の吉村界人さんをお迎えしました。

コムアイは、吉村さんが主演を務めた映画「いいにおいのする映画」を観て「この人はどういう人なんだろう」と気になっていたそうです。そんな中、「わにとかげぎす」で共演することになり嬉しかったのだとか。中でも印象的だったのは、第4話だったそうです。

コムアイ:ラブホテルのベッドの上で、私が(吉村さん演じる雨川勇に)ジリジリと寄っていくっていうシーンで、私の「落としたい」っていう思いと、雨川の「そうはさせないぞ」という思いの引っ張り合いだったんだけど、「絶対にコイツを落としてやる」って思ってやる気が出ましたね。
吉村:コムアイがガンガン攻めてくるから、俺がニヤけたら、監督に「界人、素になったらダメだからな」って怒られたんです。
コムアイ:(笑)。

と、撮影時を振り返っていました。待ち時間にもさまざまな話をしたそうで、吉村さんの芝居との向き合い方についても語り合ったそうです。

コムアイ:界人は、映像に出てる時に、「この人は、今もらってる仕事に全然満足してないし、これが自分に合っているかということにも自信がないけど、目の前ではなくて遠くの景色を見ながら、もがきながらやってる」っていう感じが出ていて、そこが魅力だと思ったんだよね。今、目の前の仕事を完璧にこなそうとしている人は、表情とか佇まいにも出るんだけど、そうすると距離が浅いというか。「これからももっと見たい」っていう感じにするには、本人が全然満足してない感じが出ちゃってる方が良い…みたいなことを本人にも言ったんだよね。
吉村:よく見てるよね。
コムアイ:私は今回のお芝居で、自分が自由になった感じがしたし、逆に不自由になった感じもしたんだよね。“自由”っていうのは、役がもらえたことで、コムアイとして表現して良い範囲が意外と狭いことを感じて、それから解放されたこと。役のせいにして何でもできると思ったの。“不自由”は、私が自我が強いから、役を演じてばかりだと自分自身でいる時間が恋しくなるの。界人も自我が強いから「大丈夫かなー」って思って。
吉村:俺も不安だよ。でも、これは闘いだから。雨川っていう役を界人として演じてるんだけど、それがどこまで通用するかっていうこととの闘いだったりするから。
コムアイ:界人は何をやっても界人だし、結局はその人に興味がいくかどうかだよね。

と、興味深い話になりました。さらに、コムアイが吉村さんに「見て欲しい場面はどこ?」と尋ねると…。

吉村:「ない」っていうか…見て欲しいけど、見て欲しくないんだよね。アーティストが「曲、聴いてね!」ってよく言うけど、本当は聴いて欲しくない気持ちだってあると思うんだよ。
コムアイ:あるある! なんでだろうね?
吉村:どこかで自信がないんだと思うんだよね。逆に「見て!」っていう役者もいると思うけど、俺らはそっちの分類じゃないと思うんだよ。うまい奴はたくさんいるし。
コムアイ:私も「こんなのやってみましたけど…」って言って「けど」がついちゃうんだよね…。この不安な感じは好きだけどね。

と、お互いの思いを語りました。さらに、吉村さんの今後の展望を聞きました。

吉村:俺は変わってないかも。でも、コムアイみたいに、自分の弱いところを見せられる人が一人でも増えたら嬉しいし、(今日と)同じような会話をしてるかもしれないな。

と、話は尽きませんでした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。