ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コモン、米エンタメ界3賞を制覇した初のラッパーに EGOTに一歩近づく

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コモン、米エンタメ界3賞を制覇した初のラッパーに EGOTに一歩近づく

 エイヴァ・デュヴァーネイのドキュメンタリー映画『13th』で使用された、社会を意識したコモンの楽曲「レター・トゥー・ザ・フリー」が【エミー賞】<Outstanding Original Music and Lyrics>部門で受賞した。これで彼は【エミー賞】、【グラミー賞】、【アカデミー賞】を受賞した初のラッパーとなった。

 彼は、「何よりもまず神に感謝したいと思う。エイヴァ・デュヴァーネイと仕事をするチャンスを得るとポジティブで力強い結果につながる」とデッドラインに語っている。

 コモンはまず、2002年にエリカ・バドゥとのコラボレーション「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」で【グラミー賞】を受賞。2015年にはジョン・レジェンドとの共作「グローリー」で【アカデミー賞】を受賞している。今回【エミー賞】を受賞したことで、残すところ【トニー賞】のみとなった彼は、現時点でまだ12人しかいない米ショウビズ界のグランドスラムEGOT達成に一歩近づいたことになる。

◎コモンによる投稿
https://www.instagram.com/p/BY2ALqJFGbe/

関連記事リンク(外部サイト)

コモン、チャンス・ザ・ラッパーとの不思議な縁を明かす
人種差別、政治や乱れたヒップホップ文化にコモンが喝、男気溢れる『ブラック・アメリカ・アゲイン』(Album Review)
アカデミー賞主題歌賞を受賞した『グローリー/明日への行進』が、2016年1月にDVDリリースが決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。