ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アジから深海魚まで味わえる回転寿司

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

9月13日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系、午前08時00分~)では、地方発回転寿司を特集した中で、「回転寿司沼津すし之助 ららぽーと立川立飛店」(東京都立川市)が紹介された。

沼津本店を中心に6店舗を展開している回転寿司店のこちら。
沼津港で朝獲れた魚を社長自ら買い付け毎日店舗へ直送しているため、新鮮な魚を安価でいただくことが出来る。
「アジ」(360円/税抜き)と「こぼれ四天王」(1,980円/税抜き)、「金目鯛煮付け」(660円/税抜き)、「ごそ」(360円/税抜き)をいただいた。

「アジ」には朝獲れたばかりの天然マアジを使用。
看板メニューの「こぼれ四天王」は、うに・いくら・本ずわい蟹・生しらすの2貫ずつ合計8貫のセット。軍艦からこぼれるほど盛られたネタのため赤字覚悟のメニューだ。
「金目鯛煮付け」は高級魚の金目鯛をリーズナブルに提供。
深海魚の「ごそ」は金目鯛に似た食感で、淡泊ながら甘味のある味わいだ。

「アジ」を食べた安藤なつさんは、「うめぇ!青魚ってちょっと臭みがあるじゃないですか。全ッ然ないです。しかもめちゃめちゃ弾力あって弾ける感じ」とコメント。
続いて「こぼれ四天王」の皿にこぼれているうにをうに軍艦に積み重ね大きな口で頬張り、「気持ちいい~っ!すっごいとろける。こんなにうにを口に入れたことない」とうっとり。
「金目鯛煮付け」を一口食べると、その味と不釣り合いな安さに我慢出来なくなったのか、「お金取りな!もっと」と発言した。「いや~うまいわ~。とろけるし~」という絶賛に、大竹真さんも「このほどけ具合がたまらないですね。ここまで来たらお店の意気込み、姿勢がわかりますね」と頷いた。

取材当日に深海魚の入荷がなかったため、後日あらためて番組ADが「ごそ」をいただいた。
深海魚を食べるのが初めてだという男性スタッフは、「歯応えすごいですね。これは食べる価値あります」と語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:回転寿司 沼津 すし之助 ららぽーと立川立飛店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:立川のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:寿司(すし)のお店紹介
ぐるなび検索:立川×寿司(すし)のお店一覧
アジから深海魚まで味わえる回転寿司
本場宇和島の鯛めしが食べられる

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。