体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

好況から突如どん底に バブル崩壊の記憶

エンタメ
好況から突如どん底に バブル崩壊の記憶

出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!

 第55回目となる今回は、1月22日に新刊『手のひらの音符』(新潮社/刊)を上梓した、小説家の藤岡陽子さんです。

 この作品は、バブル期から現在までを仕事に生きてきた女性が、キャリアの転換点となるある出来事をきっかけに幼少時からの人生を振り返る半生記であり、一組の男女のとても不器用で切ない(校閲者が何度も泣きそうになってしまったとか…)恋の物語でもあります。

 この感動長編がどのようにできあがったのか、また作家になろうと思ったきっかけや少し風変わりなプロフィールまで藤岡さんにたっぷりと語っていただきました!

■「一人の女性の“うねり”のある半生記」が出発点

―『手のひらの音符』についてお話をうかがえればと思います。この作品では、一人の女性のキャリアの大きな転換点が描かれていると同時に、主人公の半生記でもあり、恋愛小説としても読めます。このように様々な読み方ができる作品となっていますが、藤岡さんとしてはどんな作品にしたいと思ってこの小説を書かれたのでしょうか。

藤岡:最初に編集者の武政さんから今回の作品のお話をいただいた時に言われたのが、「一人の女性の“うねり”のある半生記」を書いてみませんか?ということでした。その女性は、バブルの時期にちょうど大人になりかけていたくらいの世代で、バブルを経験している、そういう女性の“うねり”のある半生――それがこの作品の出発点でした。

そして半生記ですから、子どもの頃から大人になるまでの様々な時期のエピソードを入れて、今は40代になっているその女性がどんなふうに昔を振り返ったり未来を想像したりしながら生きているのか、ということを書こうと思っていました。

―作中では、当時の日本が隅々までバブルに沸き、そしてバブル崩壊と共にどん底に落ちていく様子が市井の人々のレベルで書かれています。それまで景気のよかった人の生活がある時を境に変わってしまう描写はとても生々しく残酷な印象を持ちました。藤岡さんも主人公と同世代ですが、当時の様子はどのようなものだったのでしょうか。

藤岡:バブルというものが何なのか、当時はわかりませんでした。私には3歳上の姉がいるんですけど、彼女が就職した時期は好景気で、苦労せずに内定が4個も5個も取れる、会社側から「うちに来てくれ」と請われるような状況でした。

それが、私のひとつ上の学年が就職をする年にバブルがはじけて、突然、企業が立ち行かなくなったり就職難になったりと、世の中の状況が一変したわけですから衝撃でした。「バブルがはじける」という言い方だって、後からそういう呼び方をするようになったわけで、当時は何が起こっているのかも、それが一時的なことなのかどうかもわからない、そういう時代でしたね。

―これだけの長編となると「これだけは書きたい!」というような、表現の核になるものがないと、書き上げることは難しいのではないかと思ったのですが、藤岡さんの中にそういったものはありましたか?

藤岡:今がいい状況であっても、そうでなくても、どんな時でも諦めないで少しずつでも前に進み続けることの大切さでしょうか。それは、長い時間をかけることの大切さといってもいいかもしれません。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会