体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タニタカフェ監修!オーガニック原材料でヘルシー志向の豆乳


近年、ますます高まりを見せるヘルシー志向。多くのオーガニック食品がスーパーの棚に並び、商品数は増加傾向にある。そんな中、今回「タニタカフェ」が監修した「調製豆乳」「無調整豆乳」が登場する。

「タニタカフェ」は、健康総合企業のタニタが、タニタ食堂で培ったノウハウを生かして展開する新業態。「楽しく」「リラックス」をテーマに、流行を意識した新しいヘルシーフードも積極的に取り入れ、幅広い層に対して健康に触れる場を提供している。

そんな「タニタカフェ」監修の「タニタカフェ®監修 オーガニック調製豆乳」は、有機大豆、オーガニックシュガー、フランス産ロレーヌ岩塩の3種類の原材料のみを厳選して使用した豆乳で、ナチュラルで飲みやすい味わいが特長。

また、「タニタカフェ®監修 オーガニック無調整豆乳」は、有機大豆のみを使用し、大豆固形分10%で飲みやすさを追求した味わいとなっている。どちらもOCIA認定の有機JAS商品として、美味しさだけでなく、安全面にもこだわった。

「タニタカフェ®監修 オーガニック調製豆乳」「タニタカフェ®監修 オーガニック無調整豆乳」ともに、1000ml:320円(税抜)/200ml:110円(税抜)がラインナップされており、9月12日(火)から全国で発売中。

食事のお供として、また料理への使用など、幅広いシーンで楽しめる豆乳シリーズ、ぜひお試しあれ!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。