ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

完熟赤実100%コーヒー豆「コスタリカ マイクロロット」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「タリーズコーヒー」から、完熟赤実100%のコーヒー豆「コスタリカ マイクロロット」200g/1300円(税込)が、9月8日(金)より発売中。

「コスタリカ マイクロロット」は、コスタリカの中でも品質の高いコーヒー生産をしている“ドータ農協”と「タリーズコーヒー」が共同で10年間取り組んできたプロジェクト。

通常、生産者は収穫したコーヒーチェリーを農協に持ち込み、集められたコーヒーはひとまとめになって精製、出荷されるが、「マイクロロット」の場合は精製の段階で生産者毎、もしくは小さいエリア毎に、専用の設備で丁寧に行われる。その後、現地にて「タリーズ」のコーヒー豆開発担当者が香りと味わいをチェックして金賞ロットを選定。今回の「マイクロロットプロジェクト」では、全58ロットの中から6ロットが選ばれ、金賞の6ロットそれぞれを日本全国5つの地域+限定店舗にて展開する。

すべてのロットが、果実感あふれるジューシーな味わいだが、さらにそれぞれ異なる生産者毎の味わいが楽しめる。

ベリーの風味を微かに感じるLot No.53「ロス ケツァーレス」は『北海道・東北エリア』で発売。『関東エリア』では、シトラスやキャラメルのような香りのLot No.16 「エル ピキン」と、上品な酸味となめらかな飲み口のLot No.41「サンタ マリア」の2種がそれぞれの地域で発売される。

さらに『北陸・東海・関西エリア』では、しっかりとしたコクと黒糖のような甘みのあるLot No.28「ラス ヌべス」が、『中四国・九州エリア』では、明るい酸味とクリーンな味わいのLot No.32「サンタ マリア」が登場する。

また、全国の限定商品取扱店では、ナチュラル精製独特のフルーティー感と甘みのLot No.12-4「セドラル」も販売される。

「タリーズコーヒー」こだわりの豆を味わって、素敵なコーヒータイムを過ごしてみては。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。