ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

快適に寝泊まりしながら車旅! フォルクスワーゲン、ゆったり空間の新キャンパーバン構想

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
車を単なる移動手段から、楽しむ空間へと変えるキャンパーバン。暮らすように旅やお出かけができるとあって、根強い人気を持つ。

そのキャンパーバンをより快適にしようと、フォルクスワーゲンが新型バン「California XXL」の構想を発表した。従来のバンよりゆったりしたスペースを確保し、アメニティも充実させている。

・四輪駆動でオフロードも対応

California XXLは、同社が販売するCaliforniaバンをベースとしているが、XXLの方がCaliforniaオリジナルより天井が高く、また車幅も広い。

性能での特徴はというと、四輪駆動であることがまず挙げられる。キャンパー生活ではワイルドな道を走ったりすることが往々にしてあることを考慮に入れたもの。また、175馬力のディーゼルエンジンもタフな環境でのドライブをサポートする。

・パノラマ天井で星空観察!

また、キャンパーバンは住居空間も兼ねるので快適性が重要になってくるが、XXLではトイレやシャワースペースがゆったりになり、ロフト式のベッドエリアは空調が効く。

キッチンは冷蔵・冷凍庫やマグネット式の調味料棚などを備え、エスプレッソメーカーやゴミ箱もビルトインされている。搭載のBBQグリルや折りたたみ式のテーブルを使って快適に食事も楽しめそう。

また、天井はパノラマ窓になっているので夜は星空観察もできるなど、キャンパー生活ならではの贅沢も味わえる。

残念ながら、このバンはまだコンセプトの段階で商品化は未定とのこと。ただし、フォルクスワーゲンはコンセプトを発表して実用化するという慣例があるので、具体化は期待できるかも。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。