体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もし、車椅子生活になったら。突然、下半身不随になった建築家が考える“ずっと住める家”とは

もし、車椅子生活になったら。突然、下半身不随になった建築家が考える“ずっと住める家”とは

25歳のときに、病気で突然下半身不随になった建築家の丹羽太一さん。彼は家づくりの専門家として、また障がいを持つ当事者としての知見を、書籍『体験的ライフタイム・ホームズ論 車いすから考える住まいづくり』(彰国社)としてまとめました。ライフタイム・ホームズとは、どんな家なのでしょうか? ご自宅を拝見しながら、丹羽太一さんとパートナーの丹羽菜生さんにお話をうかがいました。

車椅子生活になったら、住める家が見つからなかった!

近ごろはバリアフリーを掲げる一戸建てやマンションも増えてきました。2006年に公共の場所の段差や階段をなくすことなどを定めた「バリアフリー新法」が施行されたことも、影響しているのでしょう。しかし実は当事者の身になってみると「バリアフリー住宅だからといって、車椅子でも住みやすい家であるとは限らない」という問題が、今でもあるといいます。

建築家の丹羽太一さんは、1992年、大学の研究室に所属する25歳のとき、難病の前脊髄動脈症候群になりました。下肢の動きを失い、手の可動域も限られて車椅子使用者に。2年の治療、リハビリ期間を経て研究室に復帰した1994年当時、介護を受けながら暮らす部屋を探すのに、苦労したそうです。

もしも自分が病気や怪我、加齢などで動けなくなったとき、住みやすいのは果たしてどんな家か? 一般に家を持つのは健康で働き盛りのタイミングが多いもの。でも怪我や病気がなくても、歳をとれば身体が不自由になるときはやってきます。その可能性を考えずに住宅購入をしてしまうと、「ローンを払い終わったころには、購入した家に住めない!」という悲劇も起こりかねません。

建築家であり、また車椅子使用者である丹羽さんは、健康なときも、身体が不自由になり、介護が必要になったときも暮らしやすい家を提案しています。

「今あるライフスタイルと、そこからの時間軸で自分の生活を想い描いてみて、それに合わせていける家を考えることが、ライフタイムで家を考えるということだ」と、自著で述べる丹羽さん。「ライフタイム・ホームズ」とはどんな家なのか、私たちが家選びをする際に参考にできる点などを、丹羽さんご夫妻にうかがいました。【画像1】丹羽太一さん、菜生さん夫妻。出会いは大学の研究室で知り合う。菜生さんが車椅子の人に身近に接したのは、太一さんが初めてだったそうです。(写真撮影/蜂谷智子)

【画像1】丹羽太一さん、菜生さん夫妻。出会いは大学の研究室で知り合う。菜生さんが車椅子の人に身近に接したのは、太一さんが初めてだったそうです(写真撮影/蜂谷智子)

障がい者、ヘルパー、家族が心地よくいられる“開かれた家”とは?

「障がいを負った人が、社会生活に復帰するときに一番のハードルは病院を出て暮らすことです。僕のように障がいの程度が重いと、常時何らかの介護を受けることが必要ですから、ヘルパーが必要です。そうすると家は、“自分の空間”というよりも、“他者と心地よい関係を保てる空間”であることのほうが重要になってきます」(丹羽太一さん。以下、太一さん)

バリアフリー住宅というと構造のことを指していうことが多いのですが、他者の手伝いなくしては生活がままならない重度の障がい者にとって、一番大切なのは人との関係性。太一さんも社会復帰の際は、まずヘルパーをたくさん確保することから準備を始めたそうです。

多くのヘルパーが必要な理由は、家族などの限られた人に頼ると、その人がいなくなったら自分も生きていけなくなってしまうから。依存先を増やし、風通しのよい空間をつくることが、障がい者の自立にはとても大切なのです。

「この家にはふたつ入り口があります。1階と2階のウッドデッキそれぞれに出入り口を設けてヘルパーが出入りしやすいようにし、また、ヘルパーの来訪時であっても家族のプライバシーが保てるようにしています。障がい者が家族と暮らしている場合は、ヘルパーと家族が一定の距離を保てるようにすると、お互いに気が楽です」(太一さん)【画像2】ヘルパーは階段とつながるウッドデッキから、直接太一さんの居るオフィス兼住居に入る(画像提供/丹羽太一さん) 【画像2】ヘルパーは階段とつながるウッドデッキから、直接太一さんの居るオフィス兼住居に入る(画像提供/丹羽太一さん)【画像3】大きな掃き出し窓からウッドデッキにつながる室内。開放感があると同時に、どこに居ても太一さんの様子を確認できる(写真撮影/蜂谷智子)

【画像3】大きな掃き出し窓からウッドデッキにつながる室内。開放感があると同時に、どこに居ても太一さんの様子を確認できる(写真撮影/蜂谷智子)

太一さんは、車椅子生活になった後に同じ研究室で出会った菜生さんと結婚し、ふたりで建築事務所を開設しました。もちろんこの事務所兼自宅もパートナーの菜生さんとの共作。この家はふたりの建築家としての家に対する理念と、夫婦それぞれの暮らしやすさが追求されています。

「家族の立場からいうと、ヘルパーさんの出入りは毎日のことなので、家族もある程度プライバシーが保てないと疲れてしまいます。ですから介護が必要な人との同居の場合、この家のように入り口を複数設けないまでも、ヘルパーさんが出入りしやすく、かつ、部屋までの移動が必要最小限度であるような動線が描けているとよいですね」(丹羽菜生さん。以下、菜生さん)

介護が必要な人がいると、家族は常に気がかりなもの。そんななかでも、お互いのプライベートを尊重し、他者の力をスムーズに借りられるような環境をつくれば、介護される側も家族も息抜きができます。【画像4】地下はヘルパーの入らない夫婦のプライベートなスペース。奥が仕事場。上階からの移動はエレベーターを使う(写真撮影/蜂谷智子)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。