ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「100% Raw Power~イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ」スピンオフ特番 9/18オンエア

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「100% Raw Power~イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ」スピンオフ特番 9/18オンエア

ラジオNIKKEIで8月11日に生放送し反響が大きかった3時間特番「100% Raw Power~イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ」のスピンオフ特番が9月18日(月・敬老の日)午前8時~9時にオンエアされる。

今回は前回の特番で好評だったジェームズ・ウィリアムスン(ストゥージズ2代目ギターリスト)、マイク・ワット(元ミニットメン、2003年以降の再結成ストゥージズのベーシスト)の最新インタビューが番組全体の8割を占めており、前回は放送尺の関係でカットした未放送部分をすべて盛り込み「ノーカット版」として放送される。

インタビューでウィリアムスンは、影響を受けたギターリスト、音楽ジャンル、アルバム「ロー・パワー」制作秘話と同作David Bowieミックスの意義と後進に与えた影響、イギー・ポップとの共作「KILL CITY」について、そして最後は「もしタイムマシーンで1960年代末に戻れるとしたら、もう一度ストゥージズに参加するか?」という興味深い質問に対しても真摯に回答している。一方マイク・ワットはイギー・ポップとの初対面した時のこと、ストゥージズ再結成に至る紆余曲折、再結成ストゥージズの初ライブとなったコーチェラフェスの舞台裏エピソード、そしてストゥージズでの活動が自身に与えた影響等を”ストゥージズ愛”溢れるテンションでエモーショナルに語っている。

番組の感想を送ると映画「ギミー・デンジャー」鑑賞券が当たるリスナープレゼントもあり。祝日の朝から聴けない、という方はradikoのタイムフリーで1週間後まで聴取可能となっているので、お聴き逃しなく。(岡)

・特番ウェブサイト
http://www.radionikkei.jp/iggypop/

番組情報
『100% Raw Power インタビュー編~イギー&ザ・ストゥージズ』
2017年9月18日(月・敬老の日)午前8時~9時(1時間番組)
◇放送メディア:ラジオNIKKEI第1、radiko.jp(スマホアプリ、PCで聴く/全国無料/タイムフリーで1週間聴取可)
タイムフリー(放送開始以降):http://radiko.jp/share/?sid=RN1&t=20170918080000
◇ツイッター :@metallic_ko(ROCKnROLL|ラジオNIKKEI)
         ※ハッシュタグ:#iggypop0918

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。