ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

クリストファー・ノーラン監督、映画『ダンケルク』はグリーンスクリーン撮影はなかったと語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


映画『ダンケルク』の真正性を追求したクリストファー・ノーラン監督は、同作の出演者とクルーを連合軍が窮地を脱して勝利をつかんだフランスの浜辺に連れて行った。実際の当時の戦闘は何10年も前に終わったにもかかわらず、地雷やその他の今なお存続する爆破装置が海岸線や港に並んでいた。

9月10日(現地時間)、トロント国際映画祭で行われた質疑応答のセッションでノーラン監督は、「もし何かを爆発させる場合、私たちはまず制御可能な爆発を行ってからその様子を確認しました」と語り、「実際にどの位前に起こったことなのかを考え、このような戦闘での事態を想像することでハッとさせられました」と、続けた。

ノーラン監督は、IMAXの創立50周年記念式典に出席した(『ダンケルク』はIMAXのカメラで撮影された)。式典には、アカデミー賞キャンペーンの真っ只中にあるノーラン監督と『ダンケルク』を製作した米ワーナー・ブラザースが参加した。『ダンケルク』は全世界でおよそ5億ドルの興行総収入を記録する大ヒット作となった。映画『インセプション』や映画『ダークナイト』を手掛けたノーラン監督が、初の監督賞にノミネートされるということも手伝って、ノーラン感得のキャリアは過去最高の注目を集めた。

ノーラン監督の真正性に対する要求は、撮影地に及ぶだけではなかった。ノーラン監督は本物の油槽船を手に入れ、背後にいるナチス軍を相手にイギリス海峡を横断しようとしていた船のようなものに俳優を入れた。

ノーラン監督は、「CGで完全な船を作ることはできますが、それを実物と同じように感じることはありません」「コンピュータ・グラフィックスが持つ趣きは、第2次世界大戦を描くのこの種の映像には非常に相応しくないと感じました」と、語った。

ノーラン監督は、監督の仕事は戦闘の激しさになくてはならなかったものをできるだけ再現することだと確信していた。それが演技にも有利に働くと語った。つまり、フィオン・ホワイトヘッドやハリー・スタイルズのような俳優が空中砲撃を受けながら飛行している時、彼らは快適なスタジオでそれをやっているわけではなかったということだ。

ノーラン監督は、「少年たちが海辺にいて、そこで爆発が起こったら彼らは逃げ出します」「そこにグリーンスクリーンはありません。彼らはその場所にいるのです」と、続けた。

『ダンケルク』は、体験をもとにした壮大な物語だ。作品では、撤退に至る政治的および軍事的な状況を分析する時間はほとんど費やされていない。代わりに、生存をかけた絶望的な闘いに多くの若い兵士を登場させることで、視聴者を戦いの炎へと誘う。ノーラン監督は、望むインパクトを得るための最善の方法は、物語の背景の説明でぎこちなくなるのを避けることだと考えた。

「とにかく海辺に人々を置き、スピットファイアの操縦席に入れたかったのです」「部屋の中にいる司令官たちに、地図上で物事を動かさせるようなことはしたくありませんでした。過去の主要な第2次世界大戦を扱った映画を見ると、彼らの生没年を入れる傾向が多いです」(ノーラン監督)

『ダンケルク』はまた、ユニークな方法で上映される。あるセクションは1週間にわたる様子が描かれ、輸送を待つイギリス軍兵士の様子を追う。また別のセクションでは船に乗る人々の1日が舞台となり、英国人ボランティアが軍隊を救助するために出発する。最後のセクションではイギリス軍の兵士を避難させるため、パイロット(トム・ハーディー)がナチスの飛行機を撃墜するべく飛行する。その最終セクションは1時間にわたって描かれる。トロント映画祭のアーティスティック・ディレクターを務めるキャメロン・ベイリーは、交差する時間枠があまりにも入り組んでいることについて心配は無かったのかを尋ねた。

ノーラン監督は、「まあ、どうにでもなれという感じでした」「それが、映画の観客であることを目指す脚本家兼監督としての私の努めです」と、答えた。

作品のペース配分の距離感の性質は作品の魅力であり、ノーラン監督はそれを維持している。

「私たちは皆、映画の中で興味深く刺激的なものを見たいと思っています」「私たちは皆、先週映画館で見たものとは少し違った話を見たいと思っています。私は、スタジオシステムの中でそれをやるための少しの自由を自分で切り開いてきました。私は常に境界を押し広げることに対して大きな責任を感じています」(ノーラン監督)

『ダンケルク』でノーラン監督は、映画『ダークナイト ライジング』でマスクを身にまとったバットマンの敵役ベインを演じたハーディと再びチームを組んだ。同作でも、ハーディーの顔は映画の大半で空中戦に取組んでいるためはっきりとは見えない。

「トム・ハーディーのようなマスクをつけて働いている人は誰もいませんでした」と、ノーラン監督は語った。

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。