ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

どう工夫しても薬を飲んでくれない。咳が止まらずとうとう肺炎になってしまった!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170224122146j:plain

最初はちょっとした風邪から始まりました。

その時は1歳3ヶ月で、それまでにも何度か風邪を引いたことはありました。そのたびに病院を受診し、薬をもらっていましたが、シロップはもちろんダメ。粉薬を練っても、服薬ゼリーで包んでても、大好きなものにこっそり混ぜても薬をまったく受け付けてくれない子どもでした。

そのときも、薬を飲ませようと頑張ってみたものの、何度も吐き出す子どもをみて、やっぱり無理かと諦めてしまいました。

ですが、がなかなか下がりきらず、37℃台から39℃台の熱をいったりきたりしていました。

日がたつにつれて、だんだんと夜も咳き込んで起きるようになりました。そして何日かたち、少し呼吸の回数が多くなってきている気も…。

口の周りも、やや血色が悪いように見えます。心配になり、また病院へいきました。

薬がうまく飲めないことを伝えますが、頑張って飲ませてと言われるのみです。酸素飽和度が少し低いからと、吸入器が貸し出されて、日に二度の吸入をするよう言われました。

帰宅してから吸入をしっかりとやり、薬もほんの少しだけでもと一生懸命飲ませました。ですが三日たってもまったく改善せず、また小児科へ。

そこでやっとレントゲンを撮ってもらうことになり、なんと肺炎の診断が。すぐに大きい病院へいってくださいと言われました。 関連記事:喘息性気管支炎で「ゼーゼー」、「ヒューヒュー」。ひどくならないためにわが家で気をつけていること

大きい病院についてから、またレントゲンを撮りやはり肺炎だということで、そのまま入院に。もちろん母親も付き添い入院をしなければなりません。

小さい腕に点滴を刺され、酸素マスクをして、酸素飽和度が下がると痰の吸引をされました。

子ども自身もとても苦しそうで、見ていることしかできない状態に胸が張り裂けそうになります。家で主人と待っている上の子も、お見舞いに病院きて私と会っても帰る時は毎度大泣き。

そんな家族全員が苦しい状況でしたが、抗生剤の点滴が始まってからは嬉しいことにみるみるうちに元気になりました。そして酸素も必要なくなり、ベッドの上で元気に動き回るように!

入院して四日過ぎた日に退院の許可がでました。

四日ぶりに帰った我が家は、本当にほっとしました。

薬をきちんと飲ませていたらこんなことにならなかったかもしれません。

子どもに苦しいおもいをさせてしまいました。親として本当に申し訳ない気持ちが残る経験でした。 関連記事:ゼーゼー咳で毎月のように病院へ。ある日ミルクを飲まなくなり慌てて病院へ駆け込むと…

f:id:akasuguedi:20170911204132j:plain

著者:ちょっぴー

年齢:27歳

子どもの年齢:5歳、3歳、9ヶ月

三人の育児に奮闘中。初めての女の子を出産して、現在育休中。男の子には着せられなかったかわいい服を探すのが、すっかり趣味に。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

病み上がりの脱水症状に注意!熱はないのにお風呂に入ってけいれんを起こした息子
断乳成功直後、はじめての胃腸炎に。我が子が苦しむ姿を見るのは辛かった
高熱と発疹の両方で辛い。できるなら変わってあげたかった突発性発疹

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。