体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』プロデューサーに聞く!「ラジオ制作の魅力」

『radiko.jp』をはじめとしたスマホアプリで、今やどこでも気軽に楽しむことができるラジオ。

 

通学中や勉強中に聴いている人も多いのでは?

 

でも、ラジオ番組っていったいどうやって作られているんだろう?

 

ラジオ制作者になるには、どんな進路を選べばいいの?

 

そこで、中高生に人気のラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』のプロデューサーを務める、TOKYO FMの大橋竜太さんに詳しく聞いてみることに!

 

ラジオ業界に入ったきっかけ

音楽に携わる仕事に就きたくてラジオ業界に

まず、大橋さんがラジオ業界を志したきっかけを聞いてみた。

 

TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』プロデューサーに聞く!「ラジオ制作の魅力」 「僕の場合、実は『ラジオ番組を作りたい!』という思いでこの業界に入ったわけではないんですよ(笑)。

 

大学の頃は、ラジオとはまったく関係のない法学部に通っていて、バンドを組んで本気でプロのミュージシャンを目指していました。

 

ただ、大学3年の頃にプロになるのは難しいとわかって…。

 

ミュージシャンは諦めたのですが、やっぱり音楽に携わる仕事がしたいと思い、レコード会社や音楽専門誌を作っている出版社などの就職試験を受けました。

 

そのなかのひとつが『TOKYO FM』だったんです。

 

FMラジオは音質が良く、音楽番組がたくさんあったので『ここなら音楽に携われるかもしれない』と思いました」

「音楽が好き」という思いでラジオ業界に飛び込んだ大橋さん。

 

入社後は、音楽の著作権を扱う『TOKYO FM音楽出版』という子会社で、念願の音楽に携わる仕事を任されることに!

 

TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』プロデューサーに聞く!「ラジオ制作の魅力」

※ラジオでは、日々何百曲という音楽がかかる 「ラジオ局には、レコード会社から『この曲をかけてほしい』という売り込みがたくさん来るんですよ。

 

僕の仕事は、そのなかから“これからブレイクしそうなアーティスト”を見極めて、番組内で流す曲を決めることでした。

 

音源を聴いているだけではわからないので、実際に新人バンドのライブを観に行くんですよ。

 

ほぼ毎日ライブに通っていたので、年間200~300本は観ていたと思います。

 

ライブの時間帯がかぶってしまい、片方のライブを途中で抜けて、走って別のライブ会場に行く…なんて忙しい日もありましたね」

ライブ鑑賞って楽しそうだけど、それだけ大量に回るとなると超大変…!

 

でも、学生時代から「音楽好き」だった大橋さんの、センスを活かせる仕事だったんだ!

 

プロデューサーの主な仕事

番組の方向性に沿った企画作りとチームまとめ

大橋さんはその後、『SCHOOL OF LOCK!』の放送が始まった2005年に番組制作部に異動してディレクターに就任し、2013年に現在のラジオプロデューサーという役職になったのだとか。

 

では、ラジオプロデューサーの仕事とは具体的にどんなことをするんだろう? 「プロデューサーの主な仕事は、『新番組の立ち上げ』や『番組の方向性を定めること』です。

 

『10代向け』『女性向け』など、ターゲットとなるリスナー層を定めて、そこに合わせて番組の企画を考えていきます。

 

企画はディレクターが持ち込んでくることもあれば、スポンサーと一緒に作り込むこともあります。

 

どんな企画を行うか、最終的な判断をプロデューサーがするわけですが、ただ商品のCMのようになってしまったり、番組のターゲット層から外れた企画になったりしないよう、リスナーの感覚で『面白い!』と思えるものを考えるのに毎回苦労していますね」

制作スタッフと打ち合わせをしながら、番組の大枠を決定するのがプロデューサーなんだ! 「または、番組の放送にも立ち会います。『SCHOOL OF LOCK!』の場合は月曜から金曜まで、22:00からの生放送です。

 

この時間は毎日スタジオにいて、『想定通りに放送が進んでいるか』『予期せぬ事態が起きていないか』といったことを確認しています。

 

大きな地震など“万が一の事態”が起きた場合には、緊急特番に切り替えるかどうかを判断するのもプロデューサーの仕事です」

『SCHOOL OF LOCK!』は、20人ほどのスタッフがシフト制で番組を制作しているんだとか。

 

それらのスタッフをまとめながら、無事に番組が放送されるように努めるのが大橋さんの仕事なのだそう。

 

そこで、今回は特別に『SCHOOL OF LOCK!』の生放送中のスタジオにお邪魔して、放送中の雰囲気を見学させていただくことに!

 

ラジオ番組の放送風景

生放送中はたくさんのスタッフが大忙し!

TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』プロデューサーに聞く!「ラジオ制作の魅力」

※スタジオに行ってみると、出演者がいるブース以外にもたくさんのスタッフが!

 

放送開始5分前のスタジオは、最終的な打ち合わせや機材の調整を行うスタッフたちが大忙し! そしていよいよ22時、放送がスタート! 「ブースのなかにいるのは、番組のパーソナリティの“とーやま校長”と“あしざわ教頭”、そして日々の台本を作る『構成作家』です。

 

放送中の構成作家は、番組をスムーズに進行するため、出演者のふたりにカンペを出しています」

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。