ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『ワンダーウーマン』主演のガル・ガドット、オーディション落選の過去を語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『ワンダーウーマン』主演のガル・ガドット、オーディション落選の過去を語る

ガル・ガドットと言えば今では押しも押されぬスターだが、ワンダーウーマンになる前には、他のビッグ・スターにいろいろな役を取られたのだそうだ。

元ミス・イスラエルの彼女は、エンタメ系情報サイト『The Hollywood Reporter』の「Awards Chatter」ポッドキャストでこれまでの下積み時代について語り、現在の自分になるまでは苦難の道のりだったと話している。オーディションで最終選考までは残るものの、最後は有名女優に役をさらわれてしまったことが幾度となくあったらしい。その1つには2015年の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサ大隊長役があったと言い、その時はアカデミー賞主演女優賞を受賞したことのあるシャーリーズ・セロンに持って行かれている。

「大きな役をいただけそうになったことは何度もあるんですが、私が有名じゃなかったんです。残ったのは超有名な女優さんと私、ということばかりでした」

役をもらえないことがあまりに続いたので、ガドットは女優の道を諦めて故郷のイスラエルに帰ろうと真剣に考えたこともあったと言う。勿論、皆さんご存知の通り、ワンダーウーマン役に大抜擢され、DCエクステンデット・ユニバースに昨年デビュー、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』では数々のビック・スターと肩を並べた。そして自分自身が演じるスーパーヒーローの映画に主演するまでになったのである。

『ワンダー・ウーマン』の大ヒットのお陰で、ガドットはこれで無名新人女優から役をさらってしまう大スターになった事は明らかだ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『ワンダーウーマン』主演のガル・ガドット、オーディション落選の過去を語る

コリン・トレボロウが『スター・ウォーズ』シリーズ第9作の監督を降ろされた理由は、「気難しく」て「利己的」なため

ウィル・スミスが、実写版『アラジン』共演者との自撮り写真を投稿

メーガン・マークルが遂にハリー王子との関係について口を開く「私たちはカップル」

ホワイトハウスの美人暫定広報部長が、ある有名人に激似と話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。