ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

味の終着駅「次郎長 本店」の裏メニューが三島市民に大人気らしいので食べてみた【静岡】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:mesitsu_lc:20170728213051j:plain

圧倒的、炒飯のチカラ!「次郎長 本店」

メシ通レポーターのYELLOWです。今回は箱根の山を飛び越して静岡県の三島市にある「次郎長 本店」に行って来ました!

なんでも三島市民は炒飯を食べたくなったら、まず「次郎長 本店」を思い浮かべるとの都市伝説があり、そこまで言われると食べたくなるのが人情ではないでしょうか?

f:id:mesitsu_lc:20170728213535j:plain

そして!

噂の「次郎長 本店」の炒飯は裏メニューでして、”メニュー表に載っていない、しかも大盛りは盛りっぷりがヤバイ”との事で、デカ盛りメニューのお店としても三島市民に知られているらしいです。

f:id:mesitsu_lc:20170728213704j:plain

座敷もあるので家族連れもウェルカムな感じでしょうか?

f:id:mesitsu_lc:20170728213554j:plain

また、看板のにある”ラーメンラッシュの店”の意味が気になってしまう筆者でして、いろいろな意味で目が離せない「次郎長 本店」かなと思います。

「ワンタンラーメン」(900円)

f:id:mesitsu_lc:20170728213736j:plain

さも、炒飯大盛りを食べると見せかけて、普通に「ワンタンラーメン」を食べるパターンでございます。

f:id:mesitsu_lc:20170728214302j:plain

いや、個人的にはもちろん「炒飯大盛り」モチベだったのですが、店長さんに「次郎長 本店」のイチオシメニューを聞いたところ、

f:id:mesitsu_lc:20170728221037j:plain

「どれもおいしいけれどラーメンが一番自信あります!」(店長談)

との事でして、そこまで言われてラーメンをスルーするのは、さすがに鬼かなと思った次第です。

f:id:mesitsu_lc:20170728214346j:plain

まあ、そんな事情もあるのですが、さりげなく湯河原出身の筆者は”小田原系ラーメン”と呼ばれる、大きなワンタンが特徴の地元のラーメンを愛しているので、やはり「次郎長 本店」の「ワンタンラーメン」も食べたかったりして!

f:id:mesitsu_lc:20170728214549j:plain

ん~……この「次郎長 本店」のスープは、なかなか良い味を出していますねぇ。

f:id:mesitsu_lc:20170728214423j:plain

もちろん、箱根を越えた三島市は静岡県でして、あまり小田原系ラーメンは関係ないんじゃないかなと思いながらも、このピロピロ感ある平打ち縮れ麺を見ると、多少は意識している可能性……あるんじゃないでしょうか?

f:id:mesitsu_lc:20170728214607j:plain

とは言え、100%小田原系ラーメンかと言えばそうでもなく、スープには豚や鶏の他に魚介系の香りも加わり、そこに野菜の自然な甘さが加わる事でスープに丸さがプラスされ、見た目よりもライトな”あっさり系ラーメン”としておいしくいただけます。

f:id:mesitsu_lc:20170728214655j:plain

しかし!

やはりワンタンに対するコダワリは半端なく、かなりたくさんのワンタンが丼の中に沈んでいる点……報告するべきでしょうか?

f:id:mesitsu_lc:20170728214823j:plain

ワンタン自体はあんの量も普通なので、餃子みたいな大きさの小田原系ラーメンとは違いますが、やはりワンタンの占める存在感は大きく、店長のワンタンに対するコダワリが感じられました。

f:id:mesitsu_lc:20170728214959j:plain

まさしく「雲を呑む」かのような柔らかな食感は素晴らしいと思いますね!

特に小田原系ラーメンを意識しなくても、普通にワンタン麺としておいしくいただける「ワンタンラーメン」だと思うので、是非みなさんも「次郎長 本店」のラーメンを食べてみて下さい。

「炒飯」(600円?)

f:id:mesitsu_lc:20170728215104j:plain

そして!

あれだけアピールした「次郎長 本店」の炒飯を食べないのかよ! と思わせつつ、結局は炒飯も食べるパターンで、どうでしょう?

f:id:mesitsu_lc:20170728215303j:plain

裏メニューなのでメニュー表には書いてありませんが、合計で1,500円だったので炒飯の値段は600円って事になりますかね?

昨今、テレビ番組などの影響で”パラパラ炒飯こそ至高!”みたいな風潮がありますが、それは本当の炒飯が分かっていらっしゃらないのかなと思います。

f:id:mesitsu_lc:20170728215348j:plain

「おいしい炒飯は具が多い!」

これが筆者のたどり着いた結論でございます。

f:id:mesitsu_lc:20170728215421j:plain

しょせん、パラパラだとか卵炒飯だとかは、圧倒的な量の具材の前では無意味です。

「次郎長 本店」の炒飯は”チャーシュー、ナルト、ネギ、卵”が大量に入っていて、そこに紅ショウガが添えられています。

ちなみにコチラ、丼に入っているので大盛り感はありませんが、他店の大盛りくらいのボリュームがあります。

f:id:mesitsu_lc:20170728215523j:plain

気になる味の方ですが、しっかりと炒められた炒飯の香ばしさは格別でして、裏メニューにしておくのはもったいないかなと思った筆者です。

ん~……やはりナルトの存在感は偉大ですな!

f:id:mesitsu_lc:20170728215611j:plain

途中、ボリュームがあるのでさすがに苦しくなって来ましたが、紅ショウガで味を変化させる事で、最後まで飽きずにおいしく食べる事が出来ました。

ごちそうさまです!

「次郎長 本店」 総評

f:id:mesitsu_lc:20170728213323j:plain

さすがは地元の人気店、平日でも昼時は満席に近い混み具合でした。

やはり人気はラーメン系でして、「ジャンボラーメン」(麺2玉 800円)も人気があるとの事です。

f:id:mesitsu_lc:20170728213359j:plain

そして!

やはり炒飯は常連さんたちに人気がありまして、とても裏メニューとは思えない勢いでオーダーされまくっていた事実も、報告しておきましょう。

ちなみに「次郎長 本店」は、着席時に自分で伝票に記入する方式ですので、そこら辺のローカルルールを覚えておくとスマートかなと思います。

是非、みなさんも三島市に訪れた際には、「次郎長 本店」のおいしい料理を食べてみて下さい。

お店情報

次郎長 本店

住所:静岡県三島市谷田62-2

電話番号:055-973-2108

営業時間:11:00~22:00

定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年8月の情報です。

※金額はすべて消費税込です。

書いた人:YELLOW

YELLOW

ラーメンからカツカレー、ハイカロリーな写真を武器に暗躍するフリーライター。なぜ痩せられないのか? Twitter:@mossberg835 公式サイト:Food news

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】
永遠にご飯が足される豚カツ屋さんがあるらしい【静岡】
【牡蠣料理記事まとめ】まるまる太った牡蠣をいただく幸せ【極上のプリプリ感】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。