ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マリリン・マンソン、リル・ウージー・ヴァートをベタ褒め「俺みたいにアティテュードを持っている」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マリリン・マンソン、リル・ウージー・ヴァートをベタ褒め「俺みたいにアティテュードを持っている」

 リル・ウージー・ヴァートがマリリン・マンソンの大ファンであることは周知の事実だ。音楽的に彼から影響を受けたと公言し、インスタグラムでは彼しかフォローせず、彼の形をした高級アクセサリーを特注するなど、その心酔ぶりはこれまで何回も報じられてきた。

 そんな彼が大喜びするような褒め言葉を、最近Beats 1のゼイン・ロウの番組に出演したマンソンが述べている。リル・ウージー・ヴァートの新作『Luv is Rage 2』について彼は、「彼の新しいレコードの方が最初のより好きだね。最初のからは、彼の年齢だった頃の自分を思い起こさせるようなアティテュード(はっきりした考え)が感じられて、彼のポテンシャルが見えた。こんなことを言って年をとったと思われたくはないけど、あれは起きるべくして起きたサウンドだった。でもまだ完全に形成されてはいなかった」と感想を述べている。

 さらに彼は、「多くのバンドは本物であろうと装うけれど、リアルをでっち上げることはできない。無理なんだ。俺だってでっち上げは上手い方だけど、する必要がない。(リル・ウージー・ヴァートのような)ヒップホップ・アーティストの多くとはそこが共通しているんじゃないかな。彼らは俺とは違う生き方をしていて、ハードコアだからだ。俺はアメリカ中西部出身の白人だし、彼らは違う生き方をしてきたけれど、人はリアルなものを見抜けるものなんだよ。そして本物の傷跡がそれを証明している。精神的なもの、身体的なもの、音楽的なもの、全てだ」と語っている。

 Consequence of Soundとのインタビューでは、「彼は次にロック・アルバムをやりたいそうだけど、ぜひ実現してもらいたいね。彼なら全く新しいものを作れるだろうから。つまらないロック・ラップみたいなものじゃなくて、この世をさらにめちゃくちゃにするような特別で新しい何かをね」と期待を寄せている。

 「リル・ウージー・ヴァートがもしロックと関わった場合、どうあるべきか選ぶとしたら、初期のバッド・ブレインズかフェイス・ノー・モアだけど、もっとキャッチーな要素が入ると思う。彼はパンク・ロック魂を持っていると思う。奴はクレイジーで最高だ。上手いし。すごく頭がいい。彼は俺みたいにアティテュードを持っていて、そこが気に入ってるんだ」とマンソンはべた褒めしている。

 リル・ウージー・ヴァートの『Luv is Rage 2』は9月16日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場1位となり、自身にとって初の全米No. 1アルバムとなった。

◎インタビュー音源
https://itunes.apple.com/us/post/idsa.01b0dc70-9708-11e7-81f1-0b1026916f3a

関連記事リンク(外部サイト)

リル・ウージー・ヴァート、マリリン・マンソン型のチェーンを2,390万円で特注
マリリン・マンソン怪演、『サンズ・オブ・アナーキー』最終シーズンにほぼスッピンで出演
マリリン・マンソン 新曲MVで“ろくろ首”に?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。