体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昼飲みの背徳感……「中央酒場」で教わった三冷ホッピーの正体とは

f:id:Meshi2_IB:20170824115207j:plain

夏が……終わる……。

照りつける太陽の下、火照ったカラダへキンキンに冷えたアルコールを流し込むという、この上ない快感を味わえる季節が……終わってしまう……。

いや、待てよ。

初秋といえどもまだまだ暑い日中なら、真夏に負けない爽快感が味わえるんじゃなかろうか? しかも、同僚が仕事に精を出しているさなかとあれば、背徳感も加わって、なおのことおいしいお酒を味わえそうじゃありません!? この夏、夏らしいことをほとんどできずに過ごしたのならなおのこと。

「昼飲み」で、夏の名残を楽しんじゃいましょうよ!

「昼飲み」なら横須賀へGO!

とはいえ、いわゆる「昼飲み」を楽しむためには、早い時間から開いている飲み屋さんを探さなければなりません。

だいたいの酒場は夕方オープンなので、探すだけでもひと苦労……と思うでしょ?

ところが、そんなことはないのです。

横須賀まで足を延ばせば、朝から飲めちゃう酒場がごまんとあるのですから!

f:id:Meshi2_IB:20170824115138j:plain

▲横須賀のとある港

軍港都市として栄えた横須賀は、古くから異国文化が浸透していた地域。

それゆえ、“ランチビール”のような感覚が自然に根付いたとのこと。

さらに港町でもあるため、漁港で働く漁師さんが、仕事を終えた朝方におつかれさまの一杯を楽しむことも相まって、自然と「昼飲み文化」が定着したとの説もあります。

f:id:Meshi2_IB:20170824115147j:plain

▲「中央酒場」。京浜急行線横須賀中央駅から徒歩1分程度と立地もステキ

そんな横須賀で64年の歴史を持つ「中央酒場」は、なんと朝10時開店!

さすがにそんな早い時間じゃ、まだお客さんも少ないのでは? と、のれんをくぐってみると……。

f:id:Meshi2_IB:20170824115155j:plain

開店から1時間足らずでほぼ満席。

しかもみなさん、日常の1コマのようにナチュラルな雰囲気でお酒をたしなんでおります。

まさに昼飲み文化が定着しているからこその空気感!!

「アイツ昼から酒頼んでるよ」なんて周囲に白い目で見られる心配もなく、でも、仕事中の上司の顔を思い浮かべてひとりにんまりと酒を味わえるこの空気感、昼飲みに欠かせない大事な要素ですよね!

同店が元祖!? キンキンに冷えた「三冷」ホッピーとは?

入店して早速に、昼飲み文化の定着した横須賀らしい雰囲気を感じたら、酒もつまみも横須賀らしさを味わいたくなってきた。

そこで、店員さんにお声掛け。

f:id:Meshi2_IB:20170824115201j:plain

▲店主の井上さん

快く応じてくれたのは、店主の井上さん。

先祖代々続く同店を引き継いだ3代目店主とのこと。

「横須賀ならではのお酒が飲みたい!」とお願いすると、迷わずこちらを出してくれました。

f:id:Meshi2_IB:20170824115207j:plain

▲ホッピー(500円)

いや、普通のホッピーじゃん? と思ったら。

「横須賀のホッピーは“三冷”と言って、ホッピー、焼酎、ジョッキの3つが冷えているんです」とのこと。

あ、本当だ。ジョッキが汗かくくらいキンキンだ!

f:id:Meshi2_IB:20170824115212j:plain

▲焼酎の量は140cc。氷がないぶん濃いです

米兵がビールの代用として飲みはじめたとされるホッピー。

だから本当は、氷なしが基本スタイル。

東京などで広まる以前から飲まれていた横須賀だけに、きちんと踏襲しております。

しかも、氷がないぶん焼酎の量が多めで、濃いホッピーが味わえちゃうんです。

く~! 氷なしとは思えないほどよく冷えているし、焼酎の量も多めでガツンと来ますねっ!

昼飲みならではのメリットも味わえるオススメつまみベスト3

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。