ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

さだまさしのコンサートにつば九郎が登場、ステージで初共演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
さだまさしのコンサートにつば九郎が登場、ステージで初共演

 【さだまさし コンサートツアー2017 惠百福たくさんのしあわせ】の東京公演が、9月11日に行われ、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクターつば九郎がサプライズで登場した。

さだまさし&つば九郎 画像(全5枚)

 本サプライズは、さだまさしが先週リリースしたオリジナルアルバム『惠百福 たくさんのしあわせ』の中で、愛する東京ヤクルトスワローズの応援歌として新曲「つばめよつばめ」を書いたことで実現。 30年来の東京ヤクルトスワローズのファンであり、2014年からは東京ヤクルトスワローズファンクラブの名誉会員も務めるさだまさしだが、ステージでの共演は今回が初めてだ。

 ソロアーティストとして日本一のコンサート開催数を誇るさだまさし。ソロ通算4,243回目の公演となった9月11日も完売していた。そして、そのステージに、つば九郎が登場したのは、コンサート中盤のこと。さだまさしが東京ヤクルトスワローズから贈られたさだまさしの愛称「MASSAN」の名入りの公認ユニフォームを着用して登場し、「今日(月曜日)だからこそ、来ることができた素敵なゲストにお越しいただきました! つば九郎!」と呼び込むと、ステージ下手(しもて)から、突然つば九郎が登場。観客にはサプライズだったため、会場は興奮と大喝采に包まれた。

 さだまさしがハイタッチでつば九郎を迎え、つば九郎がステージ中央で深くお辞儀をすると、会場はさらに大興奮。つば九郎は神宮球場で披露する恒例手書きフリップコーナー「こんな○○はいやだ」を、今日のコンサートに合わせて「こんな、さだまさしさんはいやだ」として披露。「かんぱくせんげんを歌っているが、じっさいはたんぱくだ」「らいねんのやくるとのかんとくのけっていけんをもっている」など、きわどい「イヤだ」ネタを披露し、さだまさしも大爆笑。

 その後、さだまさしが「せっかく来てくれたんだから、一緒に聴いてよ」と、つば九郎の目の前で「つばめよつばめ」を歌唱。「つばめよつばめ」は、ただ、頑張れと歌うだけでなく、少々愚痴っぽさも表現しながら、リアルなファン心理が描かれた応援歌。その歌詞に、つば九郎が涙を拭うしぐさを見せたり、拳を握って勝利を誓うしぐさを見せるなど、終始興奮した様子。最後は、さだまさしとともに、肩を抱き合ってステージを降りた。

関連記事リンク(外部サイト)

さだまさし、“しあわせ”を ぎっしり詰め込んだAL『惠百福 たくさんのしあわせ』9/6緊急リリース決定
さだまさし、夭逝の天才ヴァイオリニスト 若林 暢の国内デビュー作での快挙に「私も本当にうれしく思います」
坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー映画、ビジュアル完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。