体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IBM BluemixとNode.jsでお天気通知! – Facebook Messenger Bot(3) / Watson APIで天気情報を取得

今回作るもの

こんにちは、エンジニアのちゃんとくです。テクニカルライターとしてdotstudioに参加しています。

連載第3回の今回は、2016年に公開された話題のMessenger Platformを使って、Facebook Messenger Botを作りIBM Bluemixにホスティングしてみます。

BotプログラムはNode.jsで作成し、IBM Bluemixで提供されているWeather Company Dataから天気情報を取得して、IBM Bluemixにホスティングし、運用します。

下記の構成で手順を紹介します。
IBM Bluemixの設定
Botのベースを作成
天気情報を取得
Facebook Messenger Botをデプロイ

今回はIBM BluemixのWeather Company Dataから天気情報を取得する方法を説明していきます。

筆者の環境

OS X El Capitan(v10.11.6)
Node.js v8.2.1

Weather Company Dataとは

IBM Bluemixで提供されているサービスの一つで、APIで世界中の任意の場所の10日先までの気象データを取得することができます。

レスポンスの言語を指定でき、日本語にも対応しています。グローバルなデータでは言語変換がネックになることが多いので嬉しい仕様ですね。

また1分あたり10コール・1ヶ月に10,000コールまで無料で、手軽に試すことができます。(実稼働する際には料金体系をよく確認してください。)

今回は1本目で作成したアプリケーションにWeather Company Dataサービスを追加するところから天気情報を取得するところまでやってみます。

Bluemixのアプリケーションにサービスを追加する

Bluemixのコンソールを開き、メニューからサービス > データ&分析を選択します。

「データ&分析サービスの作成」を選択します。

「Weather Company Data」を検索し選択します。

「地域・組織・スペース・接続」はそれぞれ接続したいアプリケーションのものを選択しましょう。ここでは1本目に作成したアプリケーションを選びます。

その他のサービス名や資格情報名はデフォルトのままでも変更しても大丈夫です。

作成すると、アプリケーション側にサービスが追加されます。クリックしてサービスページに移動しましょう。

APIを作成する

サービスの「管理」に移動し、APIをクリックして移動します。

APIで取得できる情報の一覧が表示されます。今回は「Daily Forecast」を選択しましょう。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。