ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「J-WAVEチーム」がメディア対抗レースに参戦…順位は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「J-WAVEチーム」がメディア対抗レースに参戦…順位は?
J-WAVEで放送中の番組「BRIDESTONE DRIVE TO THE FUTURE」(ナビゲーター:ピストン西沢・松嶋初音)。9月10日(日)のオンエアでは、西沢や番組ディレクターも参戦した「第28回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」の大会レポートをお送りしました!

9月2日(土)に筑波サーキットで開催されたこのレースは、今年で28年目を迎える伝統のレースです。西沢いわく、「J-WAVEチーム」としてこの番組で参戦するようになって4年目だそうで、これまでの成績は、2回優勝、1回2位と、大人げないほどの強さを発揮! 今年も「J-WAVEポテンザロードスター」として出場しました。

このレースはマツダが全車両を管理していて、年に1度争うロードスターによるレース。1500ccの車体にポテンザ アドレナリンというタイヤを装着し、最小限の変更で参戦。ドライバーはピストン西沢、高橋滋、富澤勝という恒例の3人に加え、番組ディレクターの瀬戸光唯志を加えた4人。ちなみに、瀬戸光ディレクターは今年の夏に初心者レースでデビューしたばかりで、レースのことをあまり知らない上に遅いということで(笑)、西沢は瀬戸光ディレクターをスタートドライバーに指名。1周まわってゴールラインを通過しないでピットイン、ハンデタイムを消化して、さらにもう1回出て行ってまたピットに入って2番手と交代という奇策を考えました。

予選では、最近レースに出てなくてブランクのあった、西沢自身も認める“劣化”で、西沢史上初の1桁に入れない10位という結果に! 番組では予選直後の「やけ食いして帰りたいです…」と言う西沢の暗い声を流していました(笑)。そして決勝レースは、瀬戸光ディレクターの2周の後に、富澤、西沢、高橋とつなぎながら、他が4人のところ実質3人で走ることに…。

スタートでは、瀬戸光ディレクターがどんどんごぼう抜きされ(笑)、ピットで3分ほど滞在したり交代したりで、開始5分で5周遅れというどん底から追い上げる展開に!

燃費を考慮しながら、富澤、西沢が追い上げ、1時間経過時点で、26台中23位、トップとは3周遅れに。そして2時間経過したところで15位、トップから1周遅れと徐々に順位を上げていったそう。

3時間経過時点で、6位に落ち着いた「J-WAVEチーム」。その後も最後のほうで3位に上がり、最後に各車がピットアウトしたとき「J-WAVEチーム」はなんと1位! しかしすぐ後ろには毎回ライバルとなる雑誌『ENGINE』と『Tipo』のロードスターが。この激闘時の、ドライバーとの携帯電話でのやりとりがオンエアされましたが、最初に「ENGINEチーム」が失速、そしてライバルの「Tipoチーム」がなんとスローダウンし、「J-WAVEポテンザロードスター」の優勝が確定しました!

レースを振り返った西沢は「作戦がこんなに上手くいくとは思わなかったのでびっくり。その作戦が想定できるのがロードスターの凄さであり、アドレナリンというタイヤの凄さ」と、マシンやタイヤのポテンシャルの高さを大絶賛していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BRIDESTONE DRIVE TO THE FUTURE」
放送日時:毎週日曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/drivetothefuture/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。