ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あてるだけで「がん」かどうかを10秒で判断するペン、米テキサス大学が開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

がんの療法の基本は、まずがんを取り除くことだ。その切除手術をより正確なものにするための装置「MasSpec Pen」を、米テキサス大学が開発した。

ペン先を、がんが疑われる部分にあてるだけで10秒でがんかどうかを判断するというもの。現在、精度は96%という。

・組織の化学成分を分析

がんを取り除く手術で最も避けたいのは、がんの取り残し。しかし、健康な組織の切除も極力抑えたい。外科医にとってその判断が難しいところだが、 そうした手術の正確・安全性アップを目的に開発されたのがMasSpec Penだ。

MasSpec Penは名称の通りペンの形状で、化学物質の質量を調べられる機械につながっている。ペン先から組織の表面に水を落とし、組織の化学成分を取り込んだその水を分析するという手法で、ペン先を組織に当てるだけで10秒でがんかどうかを調べられるという。

・253検体で検証

10秒といえば、ほぼリアルタイムといってもいい速さだ。すぐにモニターに「Normal」「Cancer」と表示されるので、取り残しがないかその場で判断を下せる。

開発チームが発表した論文によると、胸、肺、甲状腺、卵巣などの253検体でこのペンを使ったところ、精度は96%だった。開発チームは今後、診断精度を高めるとともに、機械の小型化なども図り、来年にも手術での使用を目指す。

がんの取り残しを避けられるかどうかは、患者の予後に大きく関わるだけに早期の実用化を期待したい。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。