ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アーティストと一緒にラグ作り! ATELIER MUJIの「Handscape」展、開催中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
atelier-muji-handscape_02

2017年9月1日(金)から10月29日(日)まで、東京・丸の内の無印良品 有楽町内「ATELIER MUJI」にて「Handscape展」が開催されています。

スウェーデンのアーティスト・Studio Brieditis & Evansが描いた下絵をもとに、来場者が端切れを使ってラグを制作していくというプロジェクト。

「雲」をテーマにしたデザインで、無印良品の商品の生産工程で出る端材が素材として使われます。58日間の会期を通し、作品は本物の雲のように日々形を変えながら大きなラグが出来上がっていくそう。

タイトルの「Handscape」は「Hand」+「Scape」の造語で、人の手が生み出す風景という意味。消費者としてだけでなく作り出す側に立ってみると、今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。

2017年9月12日(火)から17日(日)まではアーティストが在廊し公開制作。会期中、何度か訪れてみても楽しめるはず。ぜひ気軽に立ち寄ってみてください。

atelier-muji-handscape_01 Studio Brieditis & Evans

カタリーナ・ブリーディティスとカタリーナ・エヴァンスによるユニット。デザイン、クラフト、テキスタイルや関連商品の開発を手がける。2003年以降、協働でプロジェクトに取り組み始める。Studio Brieditis & Evansでは、デザイン・クラフト・商品開発・製作・テキスタイルリサイクリングなどにおける双方の全ての経験を元に、新たなデザインの表現を見つけるための素材と技術をかけ合わせた実験的なプロジェクトを続けている。

ATELIER MUJI 「Handscape」展

会期:2017年9月1日(金)~2017年10月29日(日) 10:00~21:00

会場:ATELIER MUJI/無印良品 有楽町内

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

マスターウォールの新ライン「MASTERWAL epice」は気鋭ニットブランド・TRICOTEとコラボ!
全80通りのKチェア! 自分好みにオーダーできる「CUSTOMIZE YOUR K」全国で開催中
スペシャル仕様&お得価格のアクタス限定「J39」、販売中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。