ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フランス発祥ブランド「レノマ」時計の買取相場情報&買取のコツ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デザイナー・写真家・アーティストとしても活躍する、フランスのパリ在住であるモーリス・レノマが展開するブランドrenoma(レノマ)のアイテムを持っているという方。中でも今回は時計の買取に注目しました。レノマの時計の買取相場、知っておきたいレノマの時計買取のコツについてもまとめて伝授するので、売る予定がある方はぜひ参考にしてください。

レノマの時計を売る計画があるという方に

null

フランスのファッションブランドとして日本国内でよく知られている、renoma(レノマ)。「renoma PARIS」や「Maurice Renoma」と表記されることもあり、革製品や衣類を中心に幅広いジャンルを展開しています。中でも今回は腕時計に注目。レノマの時計を持っているという方向けに、レノマ時計の買取相場のご紹介と、レノマの時計を売る際に知っておきたい高価買取のコツについても詳しく伝授したいと思います。

レノマ時計の買取相場をご紹介

※2017年9月時点の相場

モーリスレノマ ニースMR-1502

アナログ表示、3気圧防水の時計。日本国内では約3色手に入る。カラーによる価格差は特に見られません。パステルカラーということもあり、汚れが目立つと価格が大きく下がる可能性あり。(レディース)
~6,800円

モーリスレノマ ビアリッツMR-1503

アナログ表示、スモールセコンド3気圧防水の時計です。レクタンギュラーの腕時計で、いくつか色展開あり。レッドの人気がやや高め。(レディース)
~9,000円

モーリスレノマ エヴリーMR-1501

アナログ表示、3気圧防水。レクタンギュラーの腕時計で、複数色展開あり。ネイビーの人気が最も高い傾向あり。(レディース)
~7,900円

モーリスレノマMR-1465

アナログ表示、3気圧防水のクロノグラフ時計。複数カラー展開があり、ローズゴールドが最も高く売れます。(メンズ)
~13,000円

モーリスレノマMR-1420

アナログ表示、3気圧防水の時計です。日付と曜日の表示あり。いくつかカラー展開がありますが、ヴィエンヌブラウンが最も高価買取。(メンズ)
~31,000円

レノマの時計買取におすすめの店

エコリング

-
エコリングの口コミを見る

エコリングは複数ジャンルの買取が可能な店です。ブランド品の査定も専門的に行っており、レノマなどのブランド時計などの査定にもおすすめです。全国的に店舗展開がありますが、宅配買取の利用も可能。送料だけでなく、返送料も無料なので安心して発送できるでしょう。メールやLINEで価格が問い合わせられるので、今すぐ価格を聞くことも可能です。

ブランディア

-
ブランディアの口コミを見る

ブランディアはネット専門のブランド買取店です。約7000ものブランド品査定が可能で、レノマは買取対象ブランド。過去の査定実績ではバッグの査定が多かったものの、時計査定も評価が高いので、おすすめです。査定方法は実物査定のみ。発送して査定額を知ることにはなりますが、送料・返送料いずれも無料なので覚えておきたいお店です。

レノマ時計の買取動向

null

傷みが多い腕時計について

レノマの腕時計の場合、定価が手ごろなモデルが揃っているということもあり、あまりにも傷みが酷いモデルは買取不可になる可能性があります。傷みの判断基準は、動作可能かどうか。ベルトは変色していないかどうか。傷はあるかどうかなど。基準は店によってもやや異なるので、自己判断せず、まずは査定してもらうといいでしょう。

カラーにより価格は異なる

今回ご紹介した相場は、あくまで相場。とくにレノマの時計の場合はカラーによって価格が異なります。カラーが変わると使用する金属の種類も異なることが価格差が出ている理由の一つです。

並行輸入品も買取可能である

レノマはフランスのブランドということもあり、正規代理店を通した輸入モデルだけでなく、並行輸入モデルも買取してもらうことは可能です。ただし、どの店でも買取可能というわけではないので、断られたら別のお店にも相談してみましょう。

レノマの時計高く買取してもらうコツ

null

見積もり査定額を出してもらう

レノマの腕時計を買取してもらう際は、まずは複数の買取店に見積もり査定額を出してもらいましょう。レノマの腕時計は買取実績がネットではあまり出てこないので、お店によって買取相場もさまざまであるからです。

見積もり査定額を出してもらう手段としては、電話、メール、LINEなどがあります。見積もり査定額を出してもらう段階で、どのカラーか。どれくらい傷があるかといったことを詳しく伝えておくと、より正確な見積もり査定額を出してもらうことは可能です。

ウリドキでは、今回ご紹介した買取店以外にもまだまだ時計買取店の情報が手に入ります。実際に腕時計を買取してもらったという方の口コミや買取情報などを参考に、査定してもらうのもいいでしょう。

→ウリドキへ

買取店のサービスを活用する

期間限定で通常の買取価格にプラスしてサービスが受けられるなど、価格とは別でお得に売れるようなチャンスがあればサービスも見落とさずに活用しましょう。買取前にはホームページをよくチェックしておくことをおすすめします。見つけるコツは、スマホページだけでなくパソコンページからも見ておくこと。パソコンページはサイド広告まで確認できるのでおすすめです。

付属品がある場合は一緒に査定へ

時計を購入した時の状態を思い出してみましょう。ブランドの箱、説明書、コマなど付属していたものはすべて一緒に査定に出すだけでも、減額ポイントを抑えることができるので手元にあるものは忘れずに査定に出すことが大切です。ある場合と無い場合では100円~2,000円程度価格差が出ることもあるので、再度見直しを。

レノマの時計を買取へ!

null

並行輸入品として手に入れたレノマの腕時計は、店によって買取可能と買取不可の意見に分かれますが、店によっては買取可能としていることもあるので、できるだけ複数の買取店に査定をしてもらっておきましょう。今回ご紹介した相場はカラーや使用状況により価格は前後しますが、買取前の参考としてぜひ活用してください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。