ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【最強カレーパン批評】新宿中村屋の「シェフ仕込みの新宿カリーパン」300円 / 世界カレーパン協会

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
currypan-nakamuraya5

店名: 新宿中村屋
商品名: シェフ仕込みの新宿カリーパン(300円)

・庶民の国民的ベーカリー
カレーパンは「安い」「辛い」「美味い」の3つがそろってこそカレーパンであり、庶民的な存在。コンビニだろうと、パン屋だろうと、グルメイベントだろうと、けっして高額であってはならない。カレーパンは老若男女に愛される、庶民の国民的ベーカリーなのだ。

・美味しいカレーパンを探す
この記事は、世界カレーパン協会が世界中の美味しいカレーパンを紹介していく「最強カレーパン批評」シリーズ。徹底して「美味しいカレーパン」を求めて旅をし、発見したカレーパンをお伝えしていくコーナーだ。ちなみに、世界カレーパン協会の基準としては、パン屋だろうとグルメイベントだろうと、カレーパンはどんなに高額でも1個250円以下が妥当であり、できれば100~190円が適切な価格帯と考えている。

currypan-nakamuraya6

・本格的インドカレーを使用したカレーパン
新宿中村屋の「シェフ仕込みの新宿カリーパン」(300円)。正直なところ、庶民の食べ物として親しまれているカレーパンにとって、300円という価格帯は高額である。しかしながら、それでもここのカレーパンを紹介するのには理由がある。おそらく日本初の、本格的インドカレーを使用したカレーパンだからだ。

・カレーパンに合うスパイスの調合
「シェフ仕込みの新宿カリーパン」は、非常に奥深い歴史がある。昭和初期、インド独立運動家のラース・ビハーリー・ボース氏が来日し、インドの本格的なカレーを伝えたとされている。中村屋はボース氏のレシピをそのまま受け継いでおり、今現在も美味しいカレーライスを提供しているが、このカレーパンに使用されているカレーは「カレーパンに合うスパイスの調合」により仕上げられている。

currypan-nakamuraya2
currypan-nakamuraya4
currypan-nakamuraya1
currypan-nakamuraya3

・スパイスの薫りが味覚と嗅覚を魅了
実際に食べれば、カレーパンとして完璧なデキであることがわかるだけでなく、他店にはないスパイスの薫りが味覚と嗅覚を魅了する。「これはただカレーを入れただけのパンではない」ということが、一口で分かるほど、爽やかな辛さを堪能できるのだ。

・カリカリサクサクで丸形を保つ品質
なにより、時間が経過しても縮んだり凹んだりせず、長時間、カリカリサクサクで丸形を保っているのも素晴らしい。サクサクとモチモチの食感がいつまでも残っているのである。ちなみに、ボース氏と交友があったインド人のアイヤッパン・ピッライ・マーダヴァン・ナーヤル氏は、日本でナイルレストランという人気のカレー料理店をオープンし、いま現在も日本国民に愛されている。

もっと詳しく読む: 最強カレーパン批評 / 新宿中村屋の「シェフ仕込みの新宿カリーパン」300円 / 世界カレーパン協会(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/09/11/currypan-shinjuku-nakamuraya/

新宿中村屋 Bonna / ボンナ
住所: 東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビルB1
時間: 10:00~20:30
休日: 1月1日

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。