ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秋に聴きたい切なくなる5曲

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あのうだるような夏の暑さもどこへやら、いつの間にか秋の気配がひたひたと迫って来ました。というか、昼はTシャツ1枚で余裕なのに、夜になるとグッと寒くなったり、時折雨もやたら降ったりと、今年の東京の夏は不思議な天気が続きました。そんなこんなで、夏フェスシーズンも落ち着き、いろいろと新譜リリースラッシュの中、秋に浸りたくなるような、切ない5曲を選んでみました。
ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲 (okmusic UP's)
1. 「花-0714-」(’13)/MY FIRST STORY

繊細なギターのアルペジオに被さる美麗なピアノとストリングス。出だしからグッと心を奪われるイントロ。歌詞にもある通り、100年先も君と一緒にいたい!という気持ちをストレートに書き綴った楽曲。他にもかなり具体的に描写されているので、この曲はラヴバラード…いや、完全に求婚ソングと言っていいだろう。とてもおめでたい曲なのだが、狂おしい感情を乗せたHiro(Vo)のヴォーカルはどこまでも切ない。相手を求める感情は一方通行になりがちで、言ってしまえば、全てにおいて「永遠」はあり得ない。それでもなお、ふたりの「永遠性」を追い求めるエモーションに胸を打たれる。
2. 「sayonara fantasy」(’17)/魔法少女になり隊

ラウドロックとユーロビートを掛け合わせ、アグレッシヴなライヴで人気上昇中の男女混合4人組。ファミコン世代ならば、ニヤッとするゲームのオマージュも散りばめ、暴れて踊れて聴いて良し!の間口の広い曲調も魅力のひとつ。今回取り上げるのは3rdシングル「ヒメサマスピリッツ」のカップリング曲だ。和をモチーフにした表題曲も素晴しいし、TVアニメ『うる星やつら』オープニング曲「ラムのラブソング」のカバーも秀逸だけど、この曲はダンサブルなビートにセンチメンタルなメロディーを乗せ、さわやかなのに切ない心情をかきむしられてしまう。いい曲です。
3. 「Hiding」(’17)/the arounds

パンク、ロックンロールの良質なエキスを汲み取ったWiTHMYFOOTのフロントマン、ARA(Vo&Gu)を中心に08年に結成された4ピースバンド。今年5月に出た1stアルバム『STARTING AT THE LIGHT』は従来の骨太ロック路線を継承しつつ、キャッチーなリフやメロディーもフック十分で、1度はまれば絶対に抜け出せない魅力に溢れている。今作から英語詞に加え、初めて日本語詞を4曲導入している。特にこの曲は壮大なスケールで聴き手を包み込んでくるスローナンバー。ARAは日本人の琴線を直撃する憂いを帯びた声色の持ち主だが、この曲は切ない美メロがさらに際立っている。
4. 「Goodbye To Romance」(’80)/OZZY OSBOURNE

オジー・オズボーンのイメージは未だにステージ上でコウモリを食いちぎるとか、物騒なエピソードが引き合いに出されることも多い。けれど、不世出のギタリストを発掘し、名曲を数多くリリースしてきた事実は看過できない。ブラック・サバス時代は言うまでもなく、ソロキャリアを歩んでからも名作をたくさん発表してきた。個人的には初代ギタリスト、ランディ・ローズとともに世に放った2枚のオリジナルアルバム『BLIZARD OF OZZ』、『DIARY OF A MADMAN』、ライヴ盤『TRIBUTE』はメタル史に燦然と輝く名盤と言っていい。心の残るバラードにも定評があり、特にこの曲は他界したランディに思いを馳せると、より一層染みてくる。やさしいオジーの歌声、それにより沿うランディのプレイにじっと耳を傾けてほしい。
5. 「Angel」(’87)/AEROSMITH

エアロスミスと言えば、映画『アルマゲドン』に使用され、全米シングルチャートでも堂々たる1位を飾ったパワーバラード「I Don’t Want To Miss A Thing」が有名だろう。これは世代によって分かれるだろうが、1stアルバム『野獣生誕』(73年)収録でシングルカットもされた「Dream On」、はたまた11thアルバム『GET A GRIP』(93年)収録の「Cryin’」を挙げる人もいるかもしれない。個人的には9thアルバム『PARMANENT VACATION』(87年)収録のこの曲が一番のお気に入り。甘くも切なすぎるバラードで、ふとした時に聴きたくなる。珠玉の名バラードだと信じて疑わない。

https://youtu.be/CBTOGVb_cQgTEXT:荒金良介
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。