ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

友好都市メニューもいただける市役所食堂

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

9月8日放送の「あさチャン!」(TBS系、午前05時25分~)では、お役所メシを特集した中で、「さくらごはん」(東京都武蔵野市)が紹介された。

武蔵野市役所の南棟8階にあるこちらの食堂では、職員よりも市民の利用が多いようだ。
女性客は「普通のレストランより味がしっかりしていておいしいと思います」と語る。
さらに、長野県の「安曇野市信州サーモン丼」(980円)など、武蔵野市のご当地メニューだけでなく友好都市の名物メニューも味わうことが出来るのが嬉しい。武蔵野市の友好都市は前述の長野県・安曇野市や山形県・酒田市など、9都市だ。

今回は「武蔵野地粉うどん(小鉢2品付き)」(600円)と「酒田市庄内豚チャーシュー」(980円)をいただいた。
「武蔵野地粉うどん(小鉢2品付き)」は、武蔵野地域で栽培した風味豊かな小麦粉を使用した太めの麺を熱々の秘伝肉汁につけていただく。
「酒田市庄内豚チャーシュー」は、真空調理でじっくり焼いて仕上げた庄内豚のチャーシューが味わえる一品だ。

「武蔵野地粉うどん(小鉢2品付き)」を目の前にして「つやっつや!」と嬉しそうな女性リポーターは一口啜ると、「歯応えもっちり!うどんにすんごいコシがありますね!おいしい…」とビックリしつつ嬉しそうだ。

「酒田市庄内豚チャーシュー」を頬張ると「すごい!やわらか~い!しかも脂が甘いですね。トロットロ」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:さくらごはん(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:三鷹のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:三鷹×その他の料理のお店一覧
60年以上変わらない「焼きそば」がいただけるお店
ボリュームたっぷりのトンカツやコロッケの楽しめる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。