体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ママ記者が抱っこひもを検証!エルゴ最新型『ADAPT(アダプト)クールエア』編〜疲れない&見た目以上に涼しい!〜

 

抱っこひもブランドで圧倒的人気を誇る『Ergobaby(エルゴベビー)』。昨年おためし新商品ナビでは全モデルを検証したが、2017年の最新モデルとして新生児〜4歳まで幅広く対応して人気なのが「ADAPT」。その中でメッシュ素材採用で通気性に着目したのが『ADAPT(アダプト)クールエア』だ。世界中のママたちに支持されるその実力を、ママ記者が実際に使って体感してみた!

 

いまや一番人気の抱っこひもブランド、通称「エルゴ」

株式会社ダッドウェイ(日本正規総代理店)が輸入販売するErgobaby『ADAPT(アダプト)』(希望小売価格 税抜22,000円〜・2016年5月発売)は、世界50カ国以上で販売されているエルゴベビーブランド(通称:エルゴ)の最新モデル。

2003年にハワイ・マウイ島で誕生したこのブランドは、日本の抱っこひもにおいても圧倒的人気を誇っていて、グッドデザイン賞、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞、マザーズセレクション大賞など数々の賞を受賞。今年3月には世界初のエルゴベビーストアが東京・二子玉川ライズ S.C.内にオープンした。

 

最新モデル『ADAPT(アダプト)』は、ADAPT=適合する、順応するという意味の通り、新生児から赤ちゃんの成長に合わせて形を変えられることが特長。新生児対応のオプションは不要で4歳頃まで使える。エルゴならではの立体設計が、赤ちゃんの自然な”すわり”姿勢を支えつつ、赤ちゃんの荷重をバランスよく分散することでママの負担を軽減してくれるという。

昨年おためし新商品ナビではエルゴの主要4モデルをすべて検証したが、2017年は最新の『ADAPT(アダプト)』にメッシュ素材のバリエーションが登場したので、今回あらためて検証する。メッシュ素材は抱っこひも全体の流行で、各社からメッシュ・モデルが続々登場している。赤ちゃんの体温は高いから、従来の綿やポリエステル素材だと暑くなりすぎる。冬場も室内は暖かく、外では寒さ対策もとれるのでメッシュで冷えすぎる懸念はほとんどない。さらに洗濯してもすぐ乾くのもポイント。

今回も、撮影には新生児サイズの人形「リサ」を使用。

 

なお記者は「ベビービョルン」や「グランモッコ」も検証したので、どの抱っこひもを買おうか迷っている方は、ぜひ合わせてお読みいただきたい!

 
あわせて読みたい:ママ記者が抱っこひもを検証!『ベビービョルン ONE+AIR』編〜メッシュ素材だけじゃない!日本人専用設計の実用性がスゴイ!〜

 
あわせて読みたい:ママ記者が抱っこひもを検証!『gran mocco(グランモッコ)』編~1つで9way!ほっぺが触れ合うキョリの抱っこひもとは?~

 

 

Ergobaby『ADAPT(アダプト)クールエア』でおでかけ!

まずErgobaby『ADAPT クールエア』の製品スペックを簡単にまとめると、耐荷重は3.2kg~20kgまで。

抱き方別のおすすめ月齢は、対面抱きなら乳児期0カ月(体重3.2kg)から24カ月まで(12.2kgまで)、腰抱きなら6カ月から24カ月まで(12.2kgまで)、おんぶなら6カ月から48カ月まで(20kgまで)と設定されている。抱き方別の耐荷重はベビービョルンやアップリカ、グランモッコなど他の抱っこひもと比較してもほぼ同じだが、最大20kgまでという耐荷重はダントツだ。装着者のウエストサイズは132cmまで。がっちり系でもメタボ体型でも、厚着をする冬場でもラクに装着できるウエストサイズだ。

 

カラーは4種類で、ブラック、パールグレー、ディープブルーと日本限定色のローデンがある。ポリエステル100%で全体的に生地は厚め。型崩れしにくい重厚感があり、さらにこの『クールエア』はフロント部分とサイドがメッシュ生地になっているので通気性も良く蒸れにくくなっている。

 

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。