ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シェルターオープンから7ヶ月過ぎて

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

保護猫カフェもりねこが、同ビル5階にケアをする必要とするねこ達のためのシェルター、
タイコウクロノーブキャットシェルター(通称 もりねこプラス)をオープンしたのは、今年の1月12日のことでした。

もりねこプラスのマドンナ、ますみちゃん。おだやかな女の子です。

オープンから7ヶ月。
その間、もりねこプラスから卒業して行った猫は、もりごろうくん、ミミちゃん、タヌくん、ネコマンジュウくん、じょんくんの5匹でした。

現在は、里親さんのおうちで暮らしているじょんくん。
保護されたときは立てないほど衰弱しており、壊死していたしっぽは断尾手術をしなくてはなりませんでしたが、今はとっても元気に甘えんぼしてます。

数字だけを見ると、ずいぶん少ないように感じられます。

が、この数字はすごいことなのです。
なぜなら、この5匹は全てFIVキャリアの猫達なのですから。

出来れば、健康な子猫を、とご希望の方が圧倒的に多い中、FIVキャリアの成猫と暮らす選択をして下さった方がこれだけいる、という事実は励みになります。

また、もりねこの取り組みを見て、盛岡市保健所の姿勢も変わり、今まで譲渡対象として来なかったFIVキャリア猫を初めて一般の方に譲渡したそうです。

黒豆ちゃん(右)とカウくん。ケンカではありません。

小さな取り組みが、ほんの少しだけ、社会を変えるきっかけになったかな?と感じた出来事でした。

もちろん、この数字に満足しているわけではありません。猫達にはなるべくもりねこ滞在期間は短くして、一般のご家庭で過ごして欲しいです。キャリア猫達の魅力を伝える努力をもっとしていかなくてはなりません。

ますみちゃん(左)と海老蔵くん(右)。とっても仲良しです。

5階のシェルターは現在赤字運営が続いております。
家賃、光熱費、猫達の医療費、ごはんや猫砂の消耗品代・・・と考えると、毎月40万円ほど(医療費がかさむ月はもっと)の費用が掛かります。

5階シェルターは、一部のお部屋を公開しておりますが、決まった料金を頂くのではなくシェルターの維持や猫たちの医療費としてご寄付を頂いて運営しております。
現在はこちらのご寄付だけでは運営が難しく、2階の収入から5階の支出を捻出している状態です。
5階は5階で自立運営を目指しておりますが、まだまだ道半ばです。

とってもひとなつっこいばっけくん。

また、FIVはキャリアの猫と血が出るようなケンカをしたり、交尾することで感染します。
飼い猫は外に出さない、不妊手術を徹底する、などで新たな感染を防ぐことができます。こちらの啓発活動も行う必要があります。

みなさま、ぜひ5階シェルターの猫たちのためにご支援頂けないでしょうか。
NPO法人もりねこのHPには、もりねこを応援する方法が記載されております。

http://npomorineko.wixsite.com/morineko/blank-11

もりねこストアから、ショッピングなどを通じてご支援いただくことも可能です。

https://morineko.stores.jp/

千里の道も一歩から。
猫も人も幸せに暮らせる社会の実現を目指して、一緒に小さな一歩を刻んでゆきましょう!

もりねこについて

もりねこは、盛岡市の中心地にある保護猫カフェです。保健所などから保護された猫たちに新しいおうちを探すためのスペースとして、時間制の開放型猫カフェスタイルをとっています。ゆったりと入居猫たちと触れ合うことができ、猫たちがのびのびと遊ぶ姿を間近で見られるのが特長です。猫をお迎えしたい里親希望の方々も、じっくりと家族になる猫ちゃんを選ぶことができます。それぞれの事情でもりねこに来た猫たちが、新しいおうちに1日でも早く迎えられ、愛情をいっぱい受けて幸せになりますよう、スタッフ一同願いつつ日々活動しております。

▶︎もりねこのアーカイブ記事

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。