ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

賛否両論で注目のJアラート、情報の受け手はどんな姿勢で受け止めればいい?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

北朝鮮のミサイル発射問題がニュースを騒がせました。着弾すれば、大規模な死傷者が発生するとあって、早朝から対象地域では全国瞬時警報システム「Jアラート」がけたたましく鳴り響きました。ところが事態が落ち着くと、国民の関心はなぜか北朝鮮ではなく、「Jアラート」の有効性に飛び火します。いったい私たちはどのようにして、この情報を受け止めればよかったのでしょうか?

 

時間的余裕のない事態を瞬時に伝えるのが目的

 

そもそも「Jアラート」とは通称で、正式には「全国瞬時警報システム」といいます。

 

総務省消防庁によると、「弾道ミサイル情報、津波警報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステム」と定義されています。

 

そのため本来の目的でいえば、“伝達”はできたので、システム起動は間違いではなかったといえるでしょう。ただ、問題は“伝わった後”です。アラームが鳴り、ミサイル発射が飛んでくるまでに、「どんな行動を取ればいいのかがわからなかった」「発射直後から頭上を越えるまでの数分で何ができるんだ」というポイントなのです。

 

事態の発覚から初動までの数分間でできることとは?

 

今回のケースでいえば、アラートが6時2分、ミサイルが通過したのが6時6分というため、実質4分間弱でどんな行動ができるかが命運を分けるといえます。

 

たとえば、内閣官房の国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)では、以下のように避難を促しています。

 出典:国民保護ポータルサイト

 

これを踏まえた場合、たかが4分間でもできることはあります。

 

一般成人男性であれば、100メートルを走るのに20秒はかからないでしょうから、今いる場所から数百メートルの距離であれば移動できます。今回みたいに早朝や深夜の警報でも、窓ガラスから離れて、身を守るものにくるまったりするなど、少なくとも1~2分で最低限の心構えはできるはずです。

 

「何もできない」ではなく「何ができるか」で受け止めよ

日経おとなのOFF 2017-08-10 発売号
Fujisan.co.jpより

 

今回の騒動では批判的な意見として、「数分で何ができるんだ!」「余計なパニックを引き起こすだけだ」という声がありますが、起こるかもしれない可能性を「知っている」のと「知らない」のとでは、回避できる可能性、被害のダメージが格段に変わります。

 

それは冬、凍結した雪道で転ぶかもしれないとわかっているのと、突然転んだのでは、ダメージが違うのと同じことなのかもしれません。何事も備えていると、被害は小さくて済むのです。

 

もちろん、ミサイルの着弾点にいれば、どうしようもないという意見もあるでしょう。ですが、だからといって何もせず、後悔だけはしたくない。それが大半の人の本音ではないでしょうか。避難訓練と同じ要領で、万が一に備えておきたいところです。

関連記事リンク(外部サイト)

緊急時にも安心できる!生活に即した「保存食」の今
北のミサイル発射でよく聞く「排他的経済水域」「領海」何が違うの? 
これでスッキリ!挙式の不安解消のカギは相談相手にあった⁈
筆跡診断士・芳田マサヒロが教える、夏バテに負けない筆跡とは?ポイントは文字の始まりと終わり
デンタル保育という新しい価値~待機児童を減らす新しいアイディア〜

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。