ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

穴が開いても再生するナイロンバッグ。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
穴が開いても再生するナイロンバッグ。

「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは素材。Regenerative FuseFabric™と呼ばれる特殊な生地は、小さな傷や穴が開いてしまった場合に、素手で揉むだけで再生するという。

自己再生する特殊な生地

穴が開いても再生するナイロンバッグ。

ナイロンに軽くて低密度の糸を混ぜて編みこみ、ポリウレタンでコーティングすることで小さな傷や穴なら塞がってしまう生地。単純に素手で揉むように擦るだけで、再生する仕組みとなっているらしい。穴が開いても再生するナイロンバッグ。

いくら丈夫だとしても重たければ元も子もないが、「WOLVERINE PACK」は、耐久性と軽量化の両方を実現。折りたためばスマホサイズ。重さはわずか80グラムだ。

さらに、バッグ上部に設置されたキャリーハンドルと取り外しできるクロスショルダーストラップにより、2wayスタイルが可能となっている。穴が開いても再生するナイロンバッグ。

1つのバッグで4サイズ

穴が開いても再生するナイロンバッグ。

収納する量によってバッグのサイズ調整もできる。容量の目安としては、5・10・15・20リットルの4サイズ。穴が開いても再生するナイロンバッグ。穴が開いても再生するナイロンバッグ。

現在「Kickstarter」で資金調達中。すでに目標額の5倍以上を調達済みということからも、注目度の高さをうかがうことができる。

価格は59ドル(約6,500円)からで、オレンジとグレーの2色展開。さらに詳しく知りたい人はコチラまで。Licensed material used with permission by SLUGHAUS

関連記事リンク(外部サイト)

「破棄されたタイヤ」は、バッグ素材の優等生だった
こんなの待ってた!ビーチバッグ「DEZZIO」が備える、世界初の機能って?
廃棄された飛行機の「シートカバー」が、ラグジュアリーなバッグに生まれ変わった。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。