ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夜の本気ダンス、ニューアルバム『INTELLIGENCE』全貌解禁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

夜の本気ダンスが10月11日にリリースする2ndアルバム『INTELLIGENCE』の収録曲、付属DVD、ジャケット写真を公開した。
アルバム『INTELLIGENCE』 (okmusic UP's)

2016年3月のメジャーデビュー以来、1年半という年月を経て完成したバンド渾身のアルバムだ。1stシングル「Without You / LIBERTY」、2ndシングル「SHINY」、3rdシングル「TAKE MY HAND」を含む全12曲を収録。シングル作品以外に今回初収録となる楽曲は全部で8曲におよぶ大ボリューム!そして、初回限定盤には7月4日にEX THEATER ROPPONGIで行われ、ソールドアウトした『No rain, new days o’scene』ツアーファイナルのライブ映像を10曲に亘って収録。付属DVDとは思えない大満足のボリューム感で、選りすぐりの踊れる楽曲が凝縮されている。しかも、付属するDVDにはライブ映像以外にも特別映像コンテンツ“鈴鹿秋斗のインテリジェンスへの道”を収録!鈴鹿(Dr)ファンは勿論のこと、誰もが楽しめる(!?)内容になっているのでこちらも必見だ。そして今作のジャケット写真も公開!レトロなテレビに映し出される米田貴紀(Vo./G)の胸部と画面からはみ出る両手が何とも意味深かつセンスを感じる内容になっている。

なお、最新シングル「TAKE MY HAND」と2ndアルバム『INTELLIGENCE』にはそれぞれ1枚の“チラシ”が封入されているので、こちらは各自で大切に保管しておいていただきたい。封入チラシを持っておくと、抽選で貴重なプレゼントがもらえる「ダブル購入者特典」キャンペーンに応募することが出来る。プレゼントはA賞“夜の本気ダンスメンバーと遊ぼう!Let’s hang out!”、B賞特製オリジナルTシャツ、C賞特製オリジナルポスターという3つの選択肢の中から選ぶことが出来るようになっており、中でもA賞については“夜の本気ダンスメンバーと遊ぼう!Let’s hang out!”と題され、メンバー4人が日頃の感謝を込めて、全員で当選者をもてなすというという前代未聞のスペシャル特典になっている。こちらの詳細はまだ明らかにされていないが、東京都内某所にて開催予定とのこと。当選者(複数名)にのみ日程や詳細が案内される予定だ。こちらも是非ご期待いただきたい。応募方法詳細については後日発表する。
アルバム『INTELLIGENCE』
2017年10月11日発売

【CD+DVD】

VIZL-1236/¥3,500+税

【CD】

VICL-64841/¥2,800+税

※シリアルナンバー付チラシ封入

<収録曲>

■CD

01.Call out

02.Eve

03.Bye Bye My Sadness

04.TAKE MY HAND

05.Can‘t You See!!!

06.Without You

007.Heart Beat

08.SEA

09.SHINY

10.BIAS

11.Weekender

12.LIBERTY

■DVD

『No rain,new days o‘ scene』TOUR FINAL(2017年7月4日 EX THEATER ROPPONGI)

・Ride~Crazy Dancer

・HONKI DANCE TIME

・Japanese Style~fuckin’ so tired~B!tch~You gotta move~Logical Heart~escape with you~Dance in the rain~WHERE?

・「鈴鹿秋斗のインテリジェンスへの道」
【ダブル購入者特典キャンペーン詳細】
最新シングル「TAKE MY HAND」と2ndアルバム『INTELLIGENCE』の封入チラシを基に応募すると貴重なプレゼントがもらえる“ダブル購入者キャンペーン”。応募方法詳細は後報致します。

<プレゼント内容>

A賞:“夜の本気ダンスメンバーと遊ぼう!Let’s hang out!” ※都内某所にて開催予定

B賞:特製オリジナルTシャツ

C賞:特製オリジナルポスター

http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A025344/67.html
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。