体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特別な人のお祝いに!「極上ディナー」が記念日を彩る非日常の宿6【全国】

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

お祝いや記念日に利用するなら、極上ディナーが味わえる宿がおすすめ。優雅なダイニングで繊細かつ見目麗しいコース料理を食せば、かけがえのない思い出となるはずです。

そこで、じゃらん編集部が全国から厳選した宿6軒をご紹介!

正統派フレンチや独創的なイタリアンとスパニッシュ、そして国籍にとらわれない創作料理。贅を凝らしたディナーを愉しみましょう。

記事配信:じゃらんニュース

1.万平ホテル【フランス料理】【長野県軽井沢町】

創業120余年の伝統が生む、王道フレンチという至福。

万平ホテル「万平ホテル」のメインダイニング。伝統のフレンチが記念日を華やかに彩る万平ホテル大鹿村の鹿ロースのロースト~林檎と信州味噌のソース/ジビエの宝庫、大鹿村より仕入れた鹿肉を使ったロースト。鮮度のよさが光るシンプルな一皿は、林檎と信州味噌の2種のソースで万平ホテル太刀魚パン粉のつけ焼き/夏から秋にかけて旬を迎える太刀魚。ふっくらとした身に香ばしいパン粉のサクサク食感が絶妙。特製ソースと香草がアクセント万平ホテルロールケーキとピスタチオのアイスクリーム チェリーソース/ピスタチオの優しい甘さがたまらないアイスクリームは甘酸っぱい大粒チェリーのソースを絡めて。食後の〆にふさわしい一皿

秋のメニュー(一例)

[アミューズ]季節のアミューズ

[前菜]大鹿村の鹿ロースのロースト~林檎と信州味噌のソース

[魚料理]太刀魚パン粉のつけ焼き

[肉料理]牛フィレのステーキ~北海道産鴨肉のロースト

[デザート]ロールケーキとピスタチオのアイスクリームチェリーソース

日本における西洋式ホテルの草分け的存在として明治27年、軽井沢の地に開業。以来、心づくしのもてなしが国内外で評判を呼び、名だたる著名人をはじめ数多くのゲストに愛され続ける「万平ホテル」。

120余年の歴史の中で脈々と受け継がれるのが、正統派ホテルならではのフランス料理だ。「創業当時より受け継がれるレシピに歴代のシェフ達が独自のアレンジを加えてきました。伝統に忠実でありながら、その味は歴史とともに進化を遂げています」と前田一料理長。古典レシピをベースに大鹿村の鹿肉や県特産の林檎、信州味噌など地場食材を積極的に取り入れ、現代の技を駆使。そうして生み出された新たな「王道フレンチ」は舌の肥えた常連客や遠来のゲストを魅了してやまない。万平ホテル優雅なメインダイニングルーム。軽井沢の今昔を描いたステンドグラスが印象的だ

シェフ渾身のディナーは昭和11年築の本館メインダイニングルームで。趣ある格天井や美しいステンドグラスに彩られた風格漂う空間だ。古き良き社交場時代の面影を残すダイニングでいただく伝統の味――特別な空間で美食と語らうひとときは、ふたりの心に深く刻まれる思い出になるに違いない。 万平ホテル

TEL/0267-42-1234

住所/長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925

料金/1泊2食2万3600円~(紹介の料理は「秋の味覚満喫プラン」2万8380円~)

アクセス/電車:JR軽井沢駅よりタクシーで5分 車:上信越道碓氷軽井沢ICより20分

「万平ホテル」の詳細はこちら

2.オーベルジュ フェリス【スペイン料理】【静岡県伊豆市】

伊豆の食材と絶景に彩られたスペイン料理を味わい尽くす。

オーベルジュ フェリス菜園のフラワーアレンジメント風/20種以上の旬の野菜と自家製ハーブをちりばめたシェフのセンスが光るアートな一皿。鮮やかな花々もすべて美味しくいただけるオーベルジュ フェリス駿河湾のタルタル海の幸・新芽・ハーブ。異なるソースで味の変化を楽しんでオーベルジュ フェリス生ハムとメロン2017。スペイン生ハムの旨みをメロンの甘さが引き立てるオーベルジュ フェリス3種の異なる調理をした金目鯛をほうれん草クリームとともにオーベルジュ フェリス絶景を眺めるダイニングは宿泊者だけの特権。1日限定5組でプライベート感も十分オーベルジュ フェリスハーブを栽培するガーデンテラス

秋のメニュー(一例)

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。