体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラミ・マレック、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーそっくりに変身!

ラミ・マレック、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーそっくりに変身!

著名な人物を巧みに演じることができる俳優はマーゴット・ロビーだけではないようだ。人気ロックバンド、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』で、クイーンのフレディ・マーキュリーを演じるラミ・マレックも、素晴らしい変貌ぶりを見せている。

米エンタメ系情報メディア「Entertainment Weekly」が公開したこの画像は、ラミ・マレックが、1991年にAIDSからの合併症で亡くなったフレディ・マーキュリーが輝いていた、1985年のライヴエイドのステージ上での姿を演じた際のもの。画像を見る限り、短く刈り込んだ髪型や、ひげ、タイトな白いタンクトップなど、細部まで伝説のシンガーにそっくりだ。

マレックは、初めてマーキュリーのメイクをした時「鏡の前で目を開けて、違う人が自分を見つめているのが見えた」と同メディアのインタビューで語っている。

また、この映画でのマーキュリーの歌声は、マーキュリーがレコーディングしたオリジナルの歌声とマレックの歌声を混ぜて作られたことも明かした。見た目だけではく、歌声にも注目だ。

『ボヘミアン・ラプソディ』は、2018年12月25日に全米公開予定。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ラミ・マレック、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーそっくりに変身!

ジョージ王子、ウィリアム王子の付き添いで緊張の初登校【映像】

ジョーカー単独映画の製作に、ジャレッド・レトも困惑気味

AppleとAmazonが『007』配給権の争奪戦に参加!

まさに女王!ビヨンセの誕生日ケーキが豪華過ぎると話題に

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。