ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ストレスによる聴覚過敏を無視した結果

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
聴覚過敏

私は、軽度の聴覚過敏者です。ゆえに、耳栓がないと就寝できなかったり、生活音に耐えられなかったり、音には敏感です。また、ストレスや不安を抱えると、聴覚過敏の症状がひどくなります。そこで、一日だけ聴覚過敏の対策を行わずに、健常者と同じ生活を行うとどうなるか、体を張って体験しました。なお、聴覚過敏といっても、普段は外出もでき仕事も出来ます。

聴覚過敏の私の1日の活動 午前中は在宅ワーク

私は日頃、耳に響く生活音をシャットダウンするために、音楽を聴きながら在宅ワークを行います。そのため、健常者と同じ生活に合わせるよう、午前中は音楽を聴かず生活音を聞きながら在宅ワークを行いました。なお、普段より生活音が静かだったので、思ったより在宅ワークに集中できました。

午前中は、聴覚過敏による集中力は途切れなかったものの、身体に疲労が現れました。また、身体の疲労を例えるならば、アトラクションの騒音を聞き続けた時のだるさです。

午後はショッピング

少々、在宅ワークで疲労を感じながらも、午後は仕事に必要な材料を購入しにデパートへ向かいました。なお、私にとってデパートはBGMや子供の声や苦手な物音が多く、聴覚過敏者としては避けたい空間です。

デパートに入店した時は、思ったより聴覚過敏による疲労はないように思えました。というのは、お客が少ない時間帯だったため、BGMも話し声も小さかったからです。しかし、仕事に必要な材料が見つからず、夕方になり買い物客が増え、会話やBGMが気になり集中力が途切れました。なお、私の感覚では、ショッピングを楽しんでいるはずなのに、勝手に足取りが重くなっていました。また、買い物客が増えるにつれ、買い物客を避けるような動きをしていました。

その後、聴覚過敏はひどくなりBGMやアナウンスが、頭にガンガンと響き頭痛がおきました。また、目眩に襲われ空間がゆがんで見えました。いわば、度の合っていない眼鏡をかけて、人混みをさまよう状況と似ています。

帰宅したらとんでもないことに

何とか仕事に必要な材料を購入して、帰宅できました。しかし、いつもなら、夜に仕事を行える状態ですが、仕事が手につかない状況に陥っていました。

聴覚過敏を我慢した結果

・涙が止まらない

・朝、耐えられていた生活音が大きく聞こえる

・生活音が怖くて動けない

・疲労で寝込む

・呼吸が乱れる

・手足がしびれる

聴覚過敏の対策を行わず一日を過ごし、涙があふれることにショックを受けました。なお、あまりのショックで、過呼吸を起こしかけました。なぜなら、私は健常者と同じ物音を聞いて、生活ができないと改めて感じ、パニック状態に陥りました。

過呼吸を起こしかけた時に、耳栓を装着したら数分で平常心に戻りました。また、三時間ほど耳栓を装着して過ごしたら、聴覚過敏による身体の疲労は消えました。ただ、耳栓を装着していなかったら、どうなっていたか分からないです。

ストレスによる聴覚過敏 まとめ

もし、ストレスや不安による聴覚過敏者がパニックになった際は、耳栓を渡すか物音をたてないように過ごしましょう。なお、私は聴覚過敏で疲れている時は、話しかける声も耳に響きました。

(執筆 城岸美稀)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
LoveHandiの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。