体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

鹿の解体に漁のしかけと、怒涛の1日目が終了し、翌日。2日目、最初のプログラムは、朝4時起きで漁に出るところからスタート(寝坊しなくてよかった……!)。

〈DAY2 4:30〉
漁師の朝は早いんだぞ!

刺し網漁に向かうため、バスに乗り、ホテルを出発したのは4:00。
プログラムの講師は、昨日仕掛けを教えてくれた甲谷さんと土橋さん。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

今年88歳になる甲谷さんは、中学を卒業してから72年、海に出続けているという。土橋さんは昨年甲谷さんに弟子入りし、漁を学んでいるところだ。現在はふたりで海に出ている。

刺し網漁は、長い帯状の網を海底にしかけて魚をとる漁法だ。

「魚がエサを求めて泳いでいる途中に、網があるというだけだよ」

甲谷さんはそう言いますが、魚になったことのない私には難しいです……。
魚は光量によって泳ぐ高さを変える。魚の動きをとらえ、ベストな位置に網をしかけるのは至難の技なのだ。

昨日の夕方、オプショナルプログラムでしかけていた網を回収していく。

「この時期に、これくらいかかればまあまあだな」

まあまあの収穫量! これは喜んでいいやつですよね!

網には、アイナメやメバル、カニや貝も数種類。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

漁から戻ると、青木陵子+伊藤存のアート会場にもなっている浪田浜で魚を調理し、朝食タイム。釣った魚は塩焼きに。釜で炊いたごはんと、新鮮な魚の味がしみたアラ汁も並んだ。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

〈DAY2 7:00〉
ところ変われば

『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

朝ごはんを食べた浜辺で、身体ワークショップがスタート。海に向かってぼーっと立ち、波を感じ、同時に波音を聴きながら、体を揺らす。

まわりの音や空気が変わるため、1日目の室内のときに比べると動きもだいぶ変わる。

「海に押し返されるように」
「水中でねっとり動くように」

昨日は動きに慣れず、フラストレーションを感じていた体も、イメージと環境に合わせた動きができるようになってきた。自分の体のなかで「体験」のアップデートが行われていたことに気づく。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

ワークショップが終わると、浪田浜から山道を登り、旧桃浦小学校エリアへ。

ここでは、ブルース・ナウマン、鈴木康広、コンタクト・ゴンゾの作品を鑑賞できる。ほとんど人の手が入っていない自然の中にあるアートは、とても神秘的だ。木漏れ日や木陰の影響を受けて、作品は表情を変える。美術館やギャラリーのホワイトキューブではありえない。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。 《記憶のルーペ》鈴木康広『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

《鹿ウォッチャーと深夜ドライブ(と彼の安全な家)(と彼の裏庭の手作り神社)(=テリトリミックス)》
コンタクトゴンゾ『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

《牡鹿半島のベンチ》鈴木康広

その後、参加者はいったん荻浜小学校へ。

小学校では、金氏徹平やパルコキノシタのアート作品の展示、そして、地元作家の方たちによる企画展『荻小×ART-おらほのはまがっこ-』が開催されている。作品を鑑賞したり、休憩をとったり、参加者は思い思いに時間を過ごす。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

《牡鹿の望遠鏡》乃村工藝社

〈DAY2 10:30〉
クライマックスの「宴」

ツアーもいよいよ終盤へ。
これまでは、料理人・福原さんや、フードディレクター・目黒さんに頼っていたが、今回は自分たちで獲った魚を、自分たちで調理していく。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験で、わかった気がした。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。