体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自然が相手の仕事なら、一生続けられるかなって」——日本初のボタニカル・ブランデー作りに何を見る?

「自然が相手の仕事なら、一生続けられるかなって」——日本初のボタニカル・ブランデー作りに何を見る?

千葉県大多喜町にて、日本初のボタニカル・ブランデーを作る試みが始まっている。

2015年に閉園した千葉県立薬草園。その跡地を2017年春に引き継ぎ、 日本の良質なフルーツと、敷地内の植物などを原料に高品質なボタニカル・ブランデーを作ろうと開かれたのが『mitosaya 大多喜薬草園蒸留所』だ。「自然が相手の仕事なら、一生続けられるかなって」——日本初のボタニカル・ブランデー作りに何を見る?「自然が相手の仕事なら、一生続けられるかなって」——日本初のボタニカル・ブランデー作りに何を見る?「自然が相手の仕事なら、一生続けられるかなって」——日本初のボタニカル・ブランデー作りに何を見る?

プロジェクトの代表は、2002年に本屋『UTRECHT』を立ち上げ、2009年からはアートブックフェア『THE TOKYO ART BOOK FAIR』の代表を務めた江口宏志さん。2015年にそれらを辞して、南ドイツの蒸留所へ修行に向かった。そして帰国後の2016年、蒸留所のオープンに向けて行動を開始した。

クラウドファンディングサイトReadyforでは、第一目標金額の1,000万円をクリアし、現在はネクストゴール、2,000万円を目標に奮闘している。知名度・注目度ともに高い同プロジェクトだが——そもそも江口さん、なんでお酒作りしてるんですか? 今回は、事業・運営全般のサポートを行うCOO、石渡康嗣さんにも同席してもらい、『mitosaya』にたどり着いた経緯からそのビジョンまで、5つの質問を軸に語ってもらった。「自然が相手の仕事なら、一生続けられるかなって」——日本初のボタニカル・ブランデー作りに何を見る?

Q1.なんで千葉なんですか?

「自然が相手の仕事なら、一生続けられるかなって」——日本初のボタニカル・ブランデー作りに何を見る?

——さっきぐるっと園内を見させていただいて、この千葉県立薬草園跡地、とにかくすごく素敵だなと。ここでmitosayaを始められた経緯は?

江口宏志(以下、江口):ネットで探して(笑)。

石渡康嗣(以下、石渡):ははは。

江口:全国探してたんですけど、この場所が、いろいろな条件がそろっていたんです。

——条件というのは?

江口:住んでる場所と生産する場所、生産の原料となるものが作られる場所、すべて同じところでやりたかった。日本だとなかなか難しくて。すごくいいフルーツが作れる場所、いい住環境もあるんだけど、それが全部一緒にできる場所がなかなかないなって思ったときに、この場所ならできるなって。

——南ドイツへボタニカル・ブランデー作りの修行に行ったとクラウドファンディングのページで読みました。そこもそういう環境だったんですか?

江口:そう、まさにそういうところなんです。

——千葉の気候は、たとえば海沿いだと、潮風がミネラルを運んできて落花生にいいという話を聞いたことがあります。千葉の気候的な面でも、しっくりくるところがあった?

江口:来るときに、玄関のところにパッションフルーツの苗があったと思うんですけど。

——はい。

江口:パッションフルーツって南国の果物って思われがちなんですが、日本では、沖縄の次に千葉で多く作られてたりとか、九十九里にはバナナを作っているところがあったりとか。梨やみかん、びわなどいろいろなものを作っているのは千葉の特色じゃないですかね。

石渡:小学校の社会科でも勉強する「果物の豊富な県ランキング」、1位ではなくても千葉は上位に入っているというか。

江口:第2グループくらいでね(笑)。

——ボタニカル・ブランデーの場合、鮮度ってどのくらい関係してくるんですか?

江口:鮮度はとても大事です。やっぱり収穫した日に加工までしたいので。そういう意味では、千葉はすごく地の利がいいですね。大事な部分だと思います。

Q2.なんで本屋やめたんですか?

「自然が相手の仕事なら、一生続けられるかなって」——日本初のボタニカル・ブランデー作りに何を見る?

——江口さんは、書店『UTRECHT』の店主、『THE TOKYO ART BOOK FAIR』の代表をされていたこともあります。それをすべて辞めて、南ドイツの蒸留所『Stählemühle(スティーレミューレ)』に修行へ行かれたということなんですが、そのあたりの経緯を聞かせてもらえますか。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。