体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ママ記者が抱っこひもを検証!『ベビービョルン ONE+AIR』編〜メッシュ素材だけじゃない!日本人専用設計の実用性がスゴイ!〜

 

ママ記者が抱っこひもを検証するシリーズ! 今回はスウェーデン生まれのブランド「ベビービョルン」のラインナップから、総メッシュで涼しさ抜群の『ベビーキャリア ONE+AIR』を検証。人気のエルゴベビーグランモッコとどう違うのか、今すぐチェック!

ベビービョルンは、世界50カ国以上で愛されるブランド!

北欧・スウェーデンに本拠地があるベビー用品ブランド「BabyBjorn/ベビービョルン」(東京都千代田区/本社:スウェーデン・ストックホルム)は、1961 年設立。バウンサーから始まりベビーキャリア、ハイチェアなど様々なベビー用品を取り扱っている、「本当に役立ち、長く使える丈夫な製品」にこだわり、今では世界50カ国以上で愛されている人気ブランドだ。

育児雑誌の人気ランキングでは”エルゴベビー”が人気を集めているが、近年このベビービョルンの愛用者も増加中。その理由のひとつは、2013年に発売を開始した「ベビーキャリア ONE」(税抜16,800円)。このモデルは、スウェーデン生まれのブランドでありながら日本人の体格にフィットするよう設計されていて、新生児から約3歳まで別売オプションなしで長く使える耐久性が人気を呼んでいる。

 

 

中でも一番人気は、やっぱりメッシュモデル!

人気モデル「ベビーキャリア ONE」の中でも、一番の売れ筋が今回検証する『ベビーキャリア ONE+AIR(ワンエアー)』(希望小売価格 税抜20,000円・2015年11月発売)! このモデルは”ベビーキャリア One”の魅力をそのままに、日本の高温多湿な気候に配慮した涼しい素材を採用しようとフルメッシュになっている。

確かに真夏の抱っこひもは、親子で汗だくになるほど暑い。保冷剤をいれて、汗取りパッドを入れて、熱中症にならないように水分補給をして…真夏のおでかけはとても大変だ。冬場は冬場で、電車内や商業施設は暖房で汗をかきやすく、抱っこひもの中が蒸れてしまうということも。涼しくて蒸れない、風通しの良い抱っこひもは子育ての強い味方となりそう。

『ONE+AIR』は、本体がポリエステル100%(レッグ用ファスナーカバーのみ綿100%)。しかもメッシュ生地には「エコテックス素材※」を採用している。有害物質やアレルゲン性物質を含まないこの素材は、ただ涼しさを追求するだけでなく安心感も忘れていないことが嬉しい。※繊維製品に対する国際的な安全基準「エコテックス」の認証を取得した素材のこと

 

「ONE」と『ONE+AIR』は3,200円の差があるが、ほぼ同機能で素材の違いによる価格差。あえて選ぶかどうかは賛否両論が予想されるが、抱っこひもの暑さ・蒸れを経験した人なら通気性や快適性は気になるはず。それでは実際に装着して、『ONE+AIR』の魅力を確かめてみよう!

撮影にはおなじみ、新生児サイズの人形「リサ」を使用!

 

 

『ONE+AIR』は、1本で色々使える!

まず『ONE+AIR』の製品スペックを簡単にまとめると、0カ月~約36カ月(身長53cm~100cm)、首すわり前の3.5㎏~15kgまで使用可能。エルゴベビーの最新モデル「ADAPT(アダプト)」の場合は、付属の新生児用補助ベルトを装着すると身長50.8cm以上の新生児から使用できるが、『ONE+AIR』は何も装着しなくても新生児から使用できるのがポイントだ。

『ONE+AIR』の装着者のウエストサイズは約67cm~160cmで、抱っこひもの中ではおそらく最も長い腰ベルトだろう。これなら装着者の体格を選ばないし、ジャケットや厚手のニットを着た上からでも余裕で装着できる。

 

使い方は、全部で4way。新生児抱っこ、対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶがこの1つでできてしまう。『gran mocco』の8wayほどではないが、エルゴベビーの「ADAPT」(4Way)と同様に抱っこひもとしての機能は十分に備えていると思える。首すわり前の赤ちゃんを縦抱きすることに抵抗がある人も多いが、『ONE+AIR』の設計上は問題ないらしい。ちなみに新生児を横抱き可能なメーカーとして”アップリカ”があるが、わりと大きめの補助シートの装着が必須となる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。