体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。

『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。

前回の記事、わーっ!と書き上げてすごい達成感に包まれたんですが、まだ「体験のリセット」段階までしか終わってなくて愕然としました……。

〈DAY1 12:30〉
海底8メートルの屋上から

体をリセットしたあと、最初のプログラムは『触覚をひらくインスタレーション』。

参加者は荻浜小学校の屋上へ上がる。
そこには、アーティスト、大崎晴地さんの作品『seafloor』が。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。

大崎さんは、心身発達のリハビリテーションなどに携わりながら制作にとりくんでいるアーティスト。作品は児童福祉施設でも活用されているという。心と体の関係にくわしい大崎さんだからこそ、人間が本来もっている感覚を呼び覚ますアートを構築することができるのだろう。

『seafloor』は、海底8メートルの世界を表現したインスタレーション作品だ。

屋上には、流木や貝殻といったオブジェクトが転がり、潮の流れる音、テンプラノイズと呼ばれるシャコやフジツボの威嚇音が聞こえる。また、非可聴域(人間が音として感知することができない周波数帯域)の音も鳴っているそうで、それは振動で感じることができる。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。

体で音を聴く、という不思議な体験……。

〈DAY1 13:00〉
食事でも「リセット」

「シンプルなお食事をご用意しました」

目の前に並ぶのは、おだし、焼き梅干しにお湯をかけた梅湯、禅粥、ふのりのお味噌汁。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。

料理人・福原さんが用意してくれた、味覚をリセットするためのミニマムなメニュー。日常生活で、ここまでシンプルな食事をする機会はなかなかない。その分、梅やだしの香りが際立ち、食事は五感で味わうものだということを再認識する。

生きていくためには、食べないといけない。
けれど、生きていくためには仕事をしないといけなくて、時にはごはんを食べる暇すら惜しかったり、コンビニのパスタをかきこんだりする。私はそれを否定しない。だって、忙しいもん、みんな。

だから、『Reborn-Art Walk』で体験することを、人間はこうあるべき、と伝えるつもりはないし、そもそも『Reborn-Art Walk』はそんな正解を伝えるためのプロジェクトじゃないように思う。だって正解なんてないし。

私にとっての『Reborn-Art』=生きる術とは一体何なのか——自分の体のなかに、体験のなかに、その答えを探すこと。この1泊2日は、そのための時間なのではないか。

そんなことを考えながらごはんを食べた。
ごちそうさまでした!

〈DAY1 14:00〉
初・体・験

鹿の解体が、です。
さらに私にとって鹿の解体は、

・水曜日のカンパネラ、コムアイの特技
・しかもライブで鹿の解体をしていた
 =とりあえずとんでもなくクレイジー

みたいなイメージしかないんですが、なんか大丈夫でしょうか(いろいろと)。

不安に揺れつつたどりついたのは「FERMENTO」という施設。今夏オープンしたばかりの鹿肉加工処理施設だ。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。

「これまで処理されていた鹿は山の中に埋没されていたんです」

鹿猟師、小野寺望さんの言葉に愕然とする。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。

牡鹿半島はその名の通り、鹿が多く生息する地域。
鹿の増加による食害(若芽を食べられ、植生が偏り、循環できる自然が失われる)が深刻化していることから、鹿は害獣として扱われ、食べられることなく処理されることも多かったのだという。

小野寺さんは鹿を処理することに抵抗を感じながらも、「心を鬼にするしかない」と、20年もの間、猟師を続けてきた。

「その鹿を食に変え、生かしたいという目的でこの施設は設立されました」

『Reborn-Art Festival 2017』は、この地域課題の解決のため、施設のオープンに出資した。RAFはただのお祭りではなく、地域の課題を解決するための総合祭を目指しているのだ。『Reborn-Art Festival 2017』 “1泊2日”アート体験が、すごかった。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。