ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウィル・スミス、映画『アラジン』実写版の撮影風景写真を投稿

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ウィル・スミスが米ウォルト・ディズニーのアニメ映画『アラジン』(1992年)の実写版映画の撮影に入り、共演者たちの写真をFacebookページに投稿した。ガイ・リッチー監督によりロンドンで撮影がスタートした。

スミスは、アニメ版でロビン・ウィリアムズが声を演じたジーニー役を務める。写真には、スミスと共演するメナ・マスード(アラジン)、ナオミ・スコット(ジャスミン姫)、マーワン・ケンザリ(ジャファー)らが写っている。

スミスは「俺はここでジーニーになるよ」と投稿した。

ナヴィド・ネガーバン(TVシリーズ『HOMELAND』)がサルタン役、ナシム・ペドラド(TV番組『サタデー・ナイト・ライブ』)がジャスミン姫の侍女で相談役のダリア役を演じる。ビリー・マグヌッセン(映画『イントゥ・ザ・ウッズ』)がジャスミン姫の結婚相手候補のアンダース王子を演じ、ヌーマン・アチャル(TVシリーズ『HOMELAND』)がジャファーの右腕で宮殿の衛兵団長のハキム役を演じる。

脚本は、オリジナルアニメ版映画『アラジン』と物語『千夜一夜物語』をベースにジョン・オーガストが手掛ける。ダン・リンがプロデューサー、マーク・プラット(映画『ラ・ラ・ランド』)、ジョナサン・アイリッヒ(映画『Death Note/デスノート』)、ケヴィン・デ・ラ・ノイ(映画『ダークナイト ライジング』)らがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

アラン・メンケン、ハワード・アッシュマン、ティム・ライスが作曲したオリジナルソングの新しいレコーディングと、メンケン、パセク&ホール、ジャスティン・ポールが作曲した新曲2曲を含む楽曲を、メンケンがプロデュースする。

公開日は未定。スミスによる投稿写真は以下。

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。