体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

将棋少年が主人公の青春伝奇フリーノベル『夏ゆめ彼方』公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は将棋をモチーフにした青春伝奇ノベルゲームの公開など6本です。

ペットボトルココア、ノベルゲーム『夏ゆめ彼方』公開
natsuyume-1 natsuyume-2 natsuyume-3

同人サークルペットボトルココアは7日、ノベルゲーム『夏ゆめ彼方』をフリーゲームとして公開した。公称プレイ時間は3時間程度。

ノスタルジックな風情のある田舎町が舞台の、夢をテーマとした作品。将棋のプロ棋士だった父が亡くなってから塞ぎ込んでいた小学生の主人公がある夏の日、「神様」を自称する巫女服姿の少女と出逢ったことから物語が始まる。少女との交流を通してプロ棋士になるという自分の夢を思い出していく少年の姿、そして家族や友人達との日々が描かれていく、青春・将棋・伝奇といった要素が絡み合った作品となっている。

選択肢によるシナリオ分岐もあり、夏の田舎を舞台とした伝奇ノベルゲームらしい切なさを感じさせるシナリオや、小学生が主人公らしい朗らかな印象のシナリオというように、それぞれに趣のある複数のシナリオを楽しめるのも見どころだ。

ののの茶屋、探索アドベンチャーゲーム『アイらんど』公開
iland-1 iland-2 iland-3

ののの茶屋は4日、探索アドベンチャーゲーム『アイらんど』をフリーゲームとして公開した。

目が覚めると無人島に居た主人公が、島からの脱出を目指すという作品。釣りや採取などでアイテムを集めて新たなアイテムを作り出したり、夜になると襲ってくる謎の敵を撃退しながら脱出手段を模索していく。どんどん新しいアイテムを作成でき、全体的なプレイボリュームもコンパクトにまとまっており、テンポよく楽しめるゲームとなっている。

サンドボックス2Dアクションゲーム『バグリア』公開
baguria-1 baguria-2

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会